にわとりおかんの極上日和        
ダンシとは宇宙人なり!サイエンスマニアの親子日記☆
映画鑑賞♪


六月、意外に週末が予定が入ってる。

行けるうちに行っておきたい映画があった。

運動会も終わったし、
気晴らしに行っちゃおう!


映画の前日、嬉しいことに
プールも進級したし。

さわやかな気分で、朝一番の上映を見に行きます。

この土日は、岡山もうだるような猛暑日で
33度とか・・・部屋の中でも30度越え・・・
路面もっとあるよね…

映画観て、早めに帰ったほうがいいね(汗)



映画「WOOD JOB! 神去なあなあ日常」!!!

林業映画!!



いやいや、おもしろい!!!

あまりよく知られていない林業の内容も
興味深いんだけど、
主人公の染谷君のダメっぷりも笑えて。

ほんで 伊藤英明の
かっこよさハンパないし!!!!
暑い中見に行った甲斐がある!
目の保養!(笑)




我が家の定番。
映画みて、原作本読むって流れ(汗)

でも、そーさんが今読んでいる
「下町ロケット」(池井戸潤)は
すでにエピローグに入っていて、読了まじか。

次の本にちょうどいいや。



映画の中で、間接的ではあるのですが、
「山の神様」の存在がふんわりと出てきます。

私は、「ヌシ」とか、「神様」といった、
自然に畏敬の念を払うこの考えがとても好きです。
実際にいるかどうかの議論じゃなく、心のありよう。

虫や、獣や、自然。
どんなに人間が科学技術でおごり高ぶっても、
こうした存在にかないっこないんです。

サイエンス畑に身を置く身でも、そういうスタンスで
いたいといつも考えています。
そんなことを、そーさんとドーナッツ食べながら
ゆっくり語り合いました。



科学を探求するというのは、
自然や宇宙に敬意を払いつつ、
そのもののメカニズムを探求していくことであって。

決して科学技術の発展だけを願うことでも、
人間だけがおごり高ぶることでもない。

そういうことを、少しでも子供達に
サイピアで伝えていけたらなあって。
さてじゃあそれを、どう伝えていけばいいだろう?

と、ワタクシ的にもいろいろ考えさせられる
楽しい映画でした。


おもしろかったらぽちっとね


【2014/06/02 00:00】 | 子育て マンガ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<重曹とクエン酸 | ホーム | 塩の結晶づくり>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://niwatoriokan.blog97.fc2.com/tb.php/2503-17ccf208
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

にわとりおかん

Author:にわとりおかん
12歳の息子をもつ、
ちょっとぬかっとる「おかん」です。
子育ての傍ら、アート活動しとります。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

 
親子で工作!No.01プラバン工作キット

親子で工作!No.01プラバン工作キット

価格:450円(税込)

 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
598位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
56位
アクセスランキングを見る>>