にわとりおかんの極上日和        
ダンシとは宇宙人なり!サイエンスマニアの親子日記☆
量子論 【状態の重ね合わせ】


量子論。
これがまた、とんでもなくヘンテコで
おもしろい学問なのですが。

例えば、電子。

その場所に、その時間に、
「存在する」という状態の確率と、
「存在しない」という状態の確率が
重なり合っているのです。

確実にそこにある、っていうものじゃない。
うーんなんだかヘンテコ!


私はこの概念を習ったとき、

「一休さんのとんちか!」と思わず突っ込みました。

煙に巻かれたみたいだよね。
なんじゃそら!っていう。



私たちが手や顔をさわれば、そこにはちゃんと
触れることのできる体があるのに。

それを、ずーっとずーっとミクロ化していくと、
そんな もやもやしたあやふやなもので
成り立っているんだよね。
いるかいないかはっきりしない あやふやなもの。

その間がどんなふうにつながってるんだろう。



いまだに 不思議だなーって思います。



あっ!その話は!

私の大好きな話だ!



「シュレーディンガーの猫」。
気になる方は、検索してみてね。

ある箱に、50%の確率で毒ガスの出るスイッチをつけて、
その中に猫を入れます。
そうすると、スイッチを入れた後、
箱を開けるまでは
猫の状態の観測はできないので。

「猫が生きている/猫が死んでいる」の2つの状態が
50%の確率ずつで、同時にあり、
つまり2つの状態が重なり合っているということになります。

量子論の在り方をうまく説明している話です。



箱を開けるまで、状態は確定しません。

箱を開けたら、確定。



なんだか量子論は
1+1=2 みたいな明確さではないけれど、
深淵さを増して。

ますます科学は魅力があふれてきます。

「感じる科学」で量子論をざっくりとらえたそーさん。
お人形遊び開始です。

明日に続く!


おもしろかったらぽちっとね


【2014/10/02 00:00】 | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<量子論 実践 | ホーム | レトロな言い方>>
コメント
分子がどんな形をしているのか? 化学反応のメカニズム、触媒役作用、物性など、量子力学の式では、大抵の場合、厳密に解を得られません。

原子や分子の周りにある電子の挙動を、アニメのように思い描くことで、役立ちます。化学反応の過程を、ミクロの世界のアニメとして、思考実験をくりかえすことも出来ます。

量子的世界描画は、化学の世界にも不可欠なんです。

私は、この感覚を大学の専門過程でやっと身につけたのですが、小学生から取り組むと
は、なんとも素晴らしいことです。
【2014/10/02 07:02】 URL | やす #XSag7DMU[ 編集]
そうなんですよね!
科学の学問が深まれば深まるほど、
真理はますますあやふやで
とらえどころのない靄のようなものになります。

ここで、イメージ力を持ってるかもってないかの
差は大きいですよね~。

私もいまだに、イメージが難しい点もあり、
科学の深遠さを感じます。
どー考えても、今触ったり感じたりできる「モノ」
が、そんなあやふやなもので成り立っているって
感覚が不思議で。
どうやったら、その間の空白部分を埋めて
理解できるんだろう?と日々
イメージトレーニング(笑)

我が家で愛読する「感じる科学」は、
オモシロく、クダラナく、その深遠さについて
書いてあるので、子供でも楽しめます☆

難しい理屈はぬきにして、
自分が思っている「1+1=2」という
明解な原理だけではなく、
他にもヘンテコ原理もいろいろからんで、
今の世界が成り立っている、と。

漠然と知っておく
思考の余白が、大事かなあとも思います。
【2014/10/02 17:30】 URL | にわとりおかん #QVmBk27Y[ 編集]
科学に興味を持って、漠然と妄想すると言うのは、肥やしになると思います。

ひょとしたら、将来のノーベル賞に繋がるかも知れません。そんな大げさでなくても、役立つ発明の元になる可能性は十分あるでしょう。

私が高校生の頃の妄想の中で今でも覚えているのは、エネルギーを光に変えて、鏡で出来た貯蔵庫でためておけば、質量ゼロの光だから、小型でコンパクトなエネルギー貯蔵ができる....家々や自動車に光貯蔵庫を備えておけば環境汚染を最低限にできる....なんてのがあります。

こういう妄想は、理系に進まなくても、行政とか経営でも活かされるので、子供達の科学教育は大切だと思うんです。
【2014/10/05 00:48】 URL | やす (Krtyski) #XSag7DMU[ 編集]
やすさんの、高校の時の妄想!
素晴らしい内容ですね!
夢のエネルギー源ではありませんか☆
発想の原点は荒唐無稽に思えても、
それから派生して実現した便利なものは
多々ありますものね。

私も、雑多な科学的知識を取り入れておくこと、
途方もない科学的妄想を巡らすこと、
とても大事だと思います。
それは、お勉強である必要は全くないんですよね。
それらが、大発見をもたらす
「セレンディピティ」を連れてくるんだと思います。

そして、科学的見地というのは、
確かに、何をやるにしても大事だと思います。
やすさんのおっしゃる通り。
生きることすべてが科学ですものね。
科学的な考えは、間違いなく他のことにも
役立ちます。

子供の「科学スイッチ」を押すことは、
明るい未来をつくることにつながる。
そう信じて、草の根運動、がんばってみます!
【2014/10/05 17:56】 URL | にわとりおかん #QVmBk27Y[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://niwatoriokan.blog97.fc2.com/tb.php/2621-09e68ed9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

にわとりおかん

Author:にわとりおかん
12歳の息子をもつ、
ちょっとぬかっとる「おかん」です。
子育ての傍ら、アート活動しとります。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

 
親子で工作!No.01プラバン工作キット

親子で工作!No.01プラバン工作キット

価格:450円(税込)

 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
836位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
80位
アクセスランキングを見る>>