にわとりおかんの極上日和        
ダンシとは宇宙人なり!サイエンスマニアの親子日記☆
水の不思議 後編


昨日まいた科学の種。

今日も風呂で遊ぶそーさん。
科学の種は、芽を出したかな?


お。いいねえ。
「気づき」の瞬間だね。

こういうのって、本を読んで知識を入れるのは
ほんの一瞬でできるけど。
そこにいたるまでの、自分の手を動かしての発見って、
脳がすっごい気持ちいいんだよねえ!
まさにアルキメデスの「エウレカ(見つけた!)」だね。



不思議だと思った現象があったら、
きっと何べんでも試したんだろう。
何べんやっても同じ結果になったから、
じゃあどうしてこうなるんだろう?って考察したワケだ。

いい流れになってるなってる。

これはパスカルの原理といって、
同じ大気圧という条件なら、
どこにも同じように 1cm四方の表面積には1㎏の大気圧が
かかるということなんである。
計算しやすいよね。 
(例えば、30cm四方のゴム板(ゴムピッタン)には
 900kgの大気圧がかかる)

だから、チューブの断面にも、注射器の断面にも、
同じように大気圧がかかる。ちがうのは、
断面積の大きさだけだ。
でも、単位面積にかかる圧力は同じだから、
結果、水面はつりあうように同じ高さになろうとする。



水は鎖だとイメージするといいですよ。

水分子さんたちが、手を思いっきりつないでいるので、
鎖のようにつながってるワケです。
そこから、表面張力というものも理解できるしね。



水は鎖みたいにつながっている。
だから、
チューブが水面より高く上側にたわんでいても同じです。
そーさんのパイプは下側にたわんでいましたが、
同じことだよね。

水面の高さが同じなるようにつりあう。
これが、サイフォンの原理につながっていきます。



おもしろいなあ。
そーさんの「気づき」の瞬間を見てて、とても嬉しい。
そして、自分が理科や科学に感じた
新鮮な驚きと楽しさを、追体験しているみたいな
しあわせを感じます☆


おもしろかったらぽちっとね


【2014/11/15 00:00】 | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<小さい子の いいところ | ホーム | 水の不思議 前編>>
コメント
実験は楽しいですよね。

何か気になることがあると、家でも会社でも、よく実験してます。

周りの人達は、また始まった、と言う目で私をみますが、
お役に立つことも結構あります。

今日、会社でおでん会をやりました。誰かが電子レンジ作るポップコーンを持ってレンジに入れても、全然はじけてくれなくて、こまってました。

以前同じ経験をして、いろいろと実験して、解決策を見つけていたので、今日は諦めて捨てられそうになっていた2袋をシッカリとパンパンにポップコーンで一杯にしてあげられました。

レンジでポップコーンのひみつ、お分かりでしょうか?
【2014/11/15 00:59】 URL | やす #XSag7DMU[ 編集]
やすさん

ワタシは日々の忙しさについ忙殺されてしまい
やりたい実験なども手をつけられずにいるのですが、講師仲間の「まつさん」はやすさんと似ています。気になるとすぐおうちで実験や改良を施して素晴らしい内容をサイピアにもってきてくれます。いつ寝てるんだろう?!と驚きます☆

おでん会とは!
なんとも楽しそうですねえー!

ポップコーン、内部にある水をマイクロ波で高熱の水蒸気にして高圧にして、中から固い外皮を破裂させるんですよね?違うかな?
うまくいかない場合、どうするんだろう。

長く電子レンジしすぎると、焦げちゃいますよね。焦げる前に、いったんレンジをとめて、
種休ませておいて、またレンジを再始動、・・・とか?

気になります!
よければまた回答を教えてください☆
【2014/11/15 20:59】 URL | にわとりおかん #QVmBk27Y[ 編集]
社屋に宴会スペースがあって、おでん器やバーベキュー台なども揃っています。なのでお金をかけずに定期的に社員やその家族も一緒にワイワイとやっています。

ポップコーンですが、3つ折りになった紙のペッタンコの袋をレンジでチンすると、袋が膨れて、中が弾けたポップコーンで一杯になる...あのタイプなのです。

コーンが固まったバターなどの油分の中に埋まっていて、マイクロ波が当たるとおっしゃるように水分が過熱されることでコーンが弾けます。

電子レンジによっては、普通に置いても全く弾けないことがあるんですね。その原因は電子レンジにありました。

レンジのターンテーブルや最近のターンテーブルの無いものではその床に調理物を置きます。マイクロ波はターンテーブルや床の少し上で、最もエネエルギが集中するように設計されているんですね。

集中する場所が自動調整されるものがあれば、自動調整しないものや、ポップコーンではそれがうまくうゆかないものが有る...と言うことに気がつきました。

うまく行かない時は、ガラスやプラスチックの食器などを先に置いて、その上にポップコーンの紙の袋を置くと良いのです。上げ底によって、エネルギが集中するところにポップコーンを持ってくれば良いのです。

一度試してダメだったものでも、見事に弾けます。

分かってしまえば、な~るほど...です。

【2014/11/16 03:49】 URL | やす (Krtyski) #XSag7DMU[ 編集]
宴会スペースがあって、器具が充実した会社ですねえ!
すごーい。楽しそうな会社です☆

なるほど、位置を高くして焦点に近づけて、
より効率的にマイクロ波を当てる・・・かあ!
なるほどですー!!!
床の少し上に焦点がある・・・という電子レンジの場合には、ぺったんこの袋では低すぎるワケですね~。

この裏ワザ、知らない人がすごく多いと思います。
やすさんの「試してガッテン」発明!ですねえ!(我が家では称賛の表現です↑)

確かに、言われてみれば、紙状の
ぺったんこのものを加熱するって
ほとんどないですもんねえ。設計するときに
ある程度の立体を意識している設計になりますもんね~。(目からうろこ)
【2014/11/16 17:31】 URL | にわとりおかん #QVmBk27Y[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://niwatoriokan.blog97.fc2.com/tb.php/2667-d66af27f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

にわとりおかん

Author:にわとりおかん
12歳の息子をもつ、
ちょっとぬかっとる「おかん」です。
子育ての傍ら、アート活動しとります。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

 
親子で工作!No.01プラバン工作キット

親子で工作!No.01プラバン工作キット

価格:450円(税込)

 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
720位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
79位
アクセスランキングを見る>>