にわとりおかんの極上日和        
ダンシとは宇宙人なり!サイエンスマニアの親子日記☆
スケルトン卵 その①


以前、物議をかもした「スケルトン卵」。
ここを参照(笑))

スケルトンにするには、生でないだめなのですが、
今そこにあるのはゆで卵。

やってみよう!
酢につけちゃえ!


卵の殻の炭酸カルシウムが酢にとけて
二酸化炭素を発生する・・・という仕組みのはず。

おおっ!
酢に投入した途端に、大量の発泡が始まりました!

二酸化炭素が出るので、
追実験する方は、
容器を密封するようなフタをしないでね☆
(ラップに穴をあける、などの工夫をしてください)



うおおおおー びっちりだー



しばらく漬けっぱなしにした卵。
確かに、殻はとけてない。

でも、殻がへこんでるぞ!?

さわるとなんだかパコパコする。

殻をむいてみよう!



そーさんにむいてもらったよ。
ずるりとむけた!

えー!!

でも、これ殻だよ!皮じゃないよ!
こんな風にずるりと殻ごとむけるんだ?!?!



光が透けてる!

殻がとけない、というのではなく、
少なからず殻は溶け続けて薄くなるようだ!!
生卵と比べて、
殻のとけるスピードが遅いということだろうか?
もしそうだとしたら、なぜなんだろう?

ああ わきあがる疑問は
もうどうにも止まらない~♪



へえーーー
初めての感触だあー



こすると、殻が粉状にぽろぽろと剥離する。

そうすれば、見覚えある薄皮登場。



スケルトン卵っていやあ生卵を使うし

ゆで卵を酢につける実験をした人は
多分ほとんどいないと思うけど

この独特の感触、結構ヤミツキですよ。

スケルトン卵は殻がとけちゃって
殻をむけないわけだし。
この殻をむく感覚はゆで卵でしかできないもんねえ。

・・・密かに個人的におすすめです(ニヤリ)

明日は生卵での実験レポート。

お楽しみに!


おもしろかったらぽちっとね


【2014/11/19 00:00】 | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<スケルトン卵 その② | ホーム | いい加減に慣れないとね>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://niwatoriokan.blog97.fc2.com/tb.php/2671-48fea21c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

にわとりおかん

Author:にわとりおかん
12歳の息子をもつ、
ちょっとぬかっとる「おかん」です。
子育ての傍ら、アート活動しとります。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

 
親子で工作!No.01プラバン工作キット

親子で工作!No.01プラバン工作キット

価格:450円(税込)

 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
836位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
80位
アクセスランキングを見る>>