にわとりおかんの極上日和        
ダンシとは宇宙人なり!サイエンスマニアの親子日記☆
放射線実験教室


昨日の続きです!
エネルギー教室のあとは、
今度は放射線実験教室30分。

とはいえ、基本的には子どもたち対象の教室なので、
難しい話は抜きにして。
放射線とはどういうものか、
分かりやすく楽しい説明が繰り広げられていきます。

放射線をボールに例えて、
キャッチボールしてみたり。


それから、ガイガーカウンター(放射線計測装置)を
ブザーモードにして。
見えない放射線を、音で実感する。
塩とか花崗岩とかいろんなものを計測して、
モナズ石(自然界にふつうにあるが、ウランなどを含んだ石)を
計測したら、ブザーが鳴りっぱなし。

分かりやすいね!

紙コップを3つ並べて目隠しして、どれかにモナズ石を入れておく。
目で見たらどこに入っているかわからないけれど、
計測器があれば、音でなったり数値で分かるから、
見えなくても分かるよね、という分かりやすい進め方でした。

そう。
放射線はね。こんな風にふつうに、ありふれているもの。



お江戸にいたころはガイガーカウンターを持っていたので、
室内で計測してみたりしたよ。
大震災以降にはかったから、
それ以前の数値が分からないのだけど、
コンクリのマンションだったせいか低くもなく、高くもなく、みたいな。

岡山は花崗岩地帯が多いので、
もともと自然放射線の値が高めです。
私は岡山に住んでいたことがあるので、
そのことを知っていたけれども。
東日本から避難してきた人でそのことを知らなかった人たちが
「話が違う!」と言っている話なんかもちらほら聞く。



もちろん、自然放射線が高いからといって
健康に害があるわけじゃない。
だったら西日本の人はみんな短命になっちゃう(汗)

でも、例えば原発事故などで
濃度の高い蒸気を吸ったり、雨に当たったり。
そんな風に放射線を体に取り入れたりするのは、
また自然放射線とは別の話である。

でも、そういう知識がなければ、
放射線に対する恐怖だけが でっかくなっちゃって。
不安になる気持ちもわかる。



宇宙飛行士や、飛行機の乗務員、
海外旅行の多いサラリーマンなどは
宇宙放射線を浴びるリスクが高い。

そんな風に、ありふれている放射線だから、
こわければ、私たちが避ける知恵をつければ
いいだけだ。

そうすれば、ありふれていない想定外の
放射線からだって。
危険レベルなのか、そうでないのかを自分で判断できて、
自衛することができる。



まずは、やっぱり。
相手を知ること!そこからだよね!

そんな放射線知識の導入として、最適のアイテム。
霧箱!
今回の先生方も用意してくださいました!

これ、おもしろいのよ。
アルコールの蒸気を過飽和にしておいて、
真ん中に放射線源
(登山用品のランタンに入っているマントル←トリチウムが含まれる)を
おくと、放射線の飛跡が煙みたいに見えるの。
過飽和になったアルコールが、
放射線で電離されたものを核にして液化するから。

この霧箱だと、主にアルファ線。太い飛跡です。
でも、周りの電子を大量に弾き飛ばしながら進むので
すぐエネルギーを失います。進めるのは数センチ。
なので、数センチのものが出ては、消えて。出ては、消えて。

(放射線の種類によって、飛跡の形も変わります。
もしベータ線(電子線)だったら、まわりの分子にぶつかりながら
ふらふらするので、曲がりくねったぐにょぐにょの飛跡)

見えない放射線を、視覚的にとらえる
よくできたアイテムです!



実は以前から私は
サイピアの備品として霧箱がほしくて、現在申請中。
予算がおりれば、サイピアに霧箱が導入されるはず。

どうか、サイピアに、導入されますように!

そんな願いを込めながら終了した
放射線実験教室でした。
楽しかったなー!


おもしろかったらぽちっとね
【2014/11/28 00:00】 | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<2014 展覧会 搬入 | ホーム | エネルギー・放射線実験教室>>
コメント
私は、放射線に関しては全くの素人なのですが、
ホントにわかりやすくて、勉強になりました!

身近にもいっぱいあるってわかったことが一番の収穫。

放射線て、身近なものではない!!という
間違った感覚に気づけただけでも、すごく成長したと思うわー。

相手をよく知らないのに、固定観念や偏見、メディアの報道で、相手を評価してしまいがちになるから、怖いよねー。
【2014/11/28 17:39】 URL | まつさん #-[ 編集]
うん、本当に分かりやすい教室だった!
私もあんな風に子どもたちに伝えたいなあー。
二人の講師の先生の進め方が、
すっごい勉強になりました。
子どもたちへの愛があふれてたよねー☆

放射線、そうなのよ。ありふれてるの。
原子核の中のことだからね。
原子がありふれているんだから、放射線だってそうだよね。

でも、確かに原発とか、人間が制御しようとして
でも一旦コントロールが利かなくなると、
とても危険なもの。

私は研究室からの就職となると
原子炉の開発になってしまうことに
違和感を覚えて、プラズマ核融合分野から
飛び出してSEになっちゃったんだけど。

放射線がありふれていること、
でも、取り扱いを間違えれば
とても危ないこと、そんなことを
中立的な立場で子どもたちに伝えたいな。

正しい知識と、防衛策を
少しでも世間のひとたちに知って、
報道に踊らされず、
自分で判断できるようになってほしい。
そう思います。

きりばこ~♪きりばこ~♪
予算がおりますように~♪
【2014/11/28 18:27】 URL | にわとりおかん #QVmBk27Y[ 編集]
高エネ研で1年間、放射線計測の仕事をやってたことがあるので、放射線は身近に感じます。

放射線はガン治療に役立ってくれますよね。キチンと陸続きを知ってから、話をしてほしいとお申し込みような評論家が沢山うらっしゃるわけです。

要は使いようだと思います。
【2014/11/29 11:43】 URL | やす #XSag7DMU[ 編集]
やすさん

コメントありがとうございます☆
そうなんですよね、どちらかの極論を
展開すると、放射線が身近でない人たちへの
誤解を招くことになりそうです。

元々自然にあるものですし、
うまくつかいわけて、利用したり、
上手に自衛したりする。それが科学のあり方ですよね。
そのためには、正しい放射線の知識が浸透することが大事だなあ、と。
今回の実験教室で実感した私なのでした。
【2014/11/29 18:14】 URL | にわとりおかん #QVmBk27Y[ 編集]
学生の時にシンチレーションカウンターのロガーで岡山から石垣
石垣から岡山まで記録しました(^∇^)
面白い記録が取れたのでブログの載せますね
時間がある時にw


【2015/01/15 03:16】 URL | とーきゅー #-[ 編集]
へえー!!これもまたいいネタではありませぬか☆
おもしろそう!

岡山付近では花崗岩でカウンターの値が
あがるとして、他はどうなっているんだろう?
ブログにあがるの、楽しみにしていますー。
【2015/01/15 17:32】 URL | にわとりおかん #QVmBk27Y[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://niwatoriokan.blog97.fc2.com/tb.php/2680-9ef18afd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

にわとりおかん

Author:にわとりおかん
12歳の息子をもつ、
ちょっとぬかっとる「おかん」です。
子育ての傍ら、アート活動しとります。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

 
親子で工作!No.01プラバン工作キット

親子で工作!No.01プラバン工作キット

価格:450円(税込)

 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
720位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
79位
アクセスランキングを見る>>