にわとりおかんの極上日和        
ダンシとは宇宙人なり!サイエンスマニアの親子日記☆
語学習得!


我が家は、私の本とそーさんの本は
本棚を共有しています。

ということで、
私の本で、そーさんが読みたい本は
自由に読んでいいことにしています。

私は以前北欧に数か月住んでいたことがあって、
北欧言語にはちょっと興味があるのです。
フィンランド語学習のための本が何冊か。
それにくいついたようです。


そーさんはロシア語に興味があるようなのですが、
フィンランド語にも
くいつくとは・・・・

ううむ・・・・

どうするか・・・



ここはやはり 

英語からやるのが筋だろう!

という考えが理想なのはわかっているのですがー



そーさんの性格を把握する母親からすると

順序立てれば
すべてがおじゃんになりそうな気がー



好きにやんなさい。

英語教育は、学校の授業以外は
なーんにもやっていない我が家。
混同する可能性は高いけれど、
そんときゃそんときでサポートすればいいか!

持前のお気楽さで、許可をだしてみる!



北欧四か国は、それぞれ言語が違って、
それぞれにオモシロそうなのですが。
特にフィンランド語だけは語源が違うようで。

他国語に比べて、母音が多いんです。
だから、日本語の言葉に近いし、話しやすい。
どことなく日本で聞き覚えのある単語が
町にあふれていて
(もちろん意味は違うけれど)
親近感わきますよ。



レーシングドライバーにもフィンランド人が多いので、
~ネンって名前だったらフィンランド人かなーという感じ。

ミカ・ハッキネン(F1)、
キミ・ライコネン(F1)、
ミッコ・ヒルボネン(WRCラリー)、などなど。

あと、スキー選手で「アホネン」という選手がいました。
アホネンは、フィンランドでポピュラーな姓で、
「アホ(aho)」は「草原」という意味。
「アホネン」は、
「草原から来た者」という素敵な姓なんですよ。

アホネンはいるけど、

アホヤネン、ナンデヤネン、ドナイヤネン、

という名前は、多分ありません(笑)



ああ、そりゃあいいねえ。
とてもいいねえ。

いつか君と一緒にフィンランドに行きたいねえ。
一緒にやってみようか!

明日に続く!

おもしろかったらぽちっとね


【2015/01/03 00:00】 | 子育て マンガ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<語学習得 フィンランド語編 | ホーム | 冬休みの映画鑑賞>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://niwatoriokan.blog97.fc2.com/tb.php/2715-94ba9386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

にわとりおかん

Author:にわとりおかん
12歳の息子をもつ、
ちょっとぬかっとる「おかん」です。
子育ての傍ら、アート活動しとります。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

 
親子で工作!No.01プラバン工作キット

親子で工作!No.01プラバン工作キット

価格:450円(税込)

 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
748位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
81位
アクセスランキングを見る>>