にわとりおかんの極上日和        
ダンシとは宇宙人なり!サイエンスマニアの親子日記☆
語学習得 ロシア語編☆


私も少し復習したいので、
「ロシア語が面白いほど身につく本」を購入しました(笑)

実家に帰ったときに、ついでに
辞典や教科書も取ってきた。

これでどうかな?


ロシア語ってのは、まず文字からオモシロイんだよねー。



英語と読みが違ったり。
左右反転していたり。

ま、ごっちゃになったら、そんとき考えよう(遠い目)



数日後、さっそくそーさんから質問。



うーむ 学校の勉強としてではなく、
「こう言いたい」「こんな風に伝えたい」から入るので
いきなりハードルが高く―

わかんなーい(汗)

そもそも、「よろしくお願いします」に該当する
概念があるかどうかもわからん・・・



昨日のブログコメントで、とねさんから教えてもらった
グーグルの翻訳を使ってみよう!!

これ、音が出て発音も聞けるのでとってもいい!
ありがとうございます、とねさん!

へー、なるほど!
基本的には「私は〇〇です。ありがとう」って感じなんだなー。



様々な言語で翻訳できるので、
同じ文章を各国語で音声に出すと楽しい!

フィンランド語、ノルウェー語、スウェーデン語、
中国語、タイ語、インドネシア語・・・
面白いぞ!とまらないぞ!

で、各国語で翻訳しても、
自己紹介のあとの「よろしくお願いします」は
「ありがとう」でいけることが判明!!!
こりゃ応用きくぞ!!!
タノシーイ!

パソコンの前で
様々な言葉のワールドツアーを楽しむ
親子二人なのでした☆


おもしろかったらぽちっとね


【2015/01/05 00:00】 | 子育て マンガ | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<三国志・・・本編ではなく | ホーム | 語学習得 フィンランド語編>>
コメント
Google翻訳楽しんでいらっしゃいますね。w

雑学系の話なのですが、イクラの語源はロシア語なのでしたね。「икра」と書いてそのまま「イクラー」と発音します。「ラ」は舌をぶるぶるさせて音を出します。

でもこの単語を使うとロシア人は「キャビア」だと思ってしまいます。日本の赤いイクラのことを伝えたいときは「Красная икра」なのだそうです。Google翻訳してみると「レッドキャビア」。
なるほどです。
そーさんのことだから「イクラはお幾らですか?」などと言ってしまいそうですね。w 

このほかロシア語起源の外来語には次のようなものがあるようです。

アジト、インテリ、ウォッカ、コンビナート、ステップ (植生)、セイウチ、タイガ、ツンドラ、ノルマ、バラライカ、ピロシキ、ペチカ

ちなみに差別用語の雑学なのですけど、昔日本人はロシア人のことを見下して呼ぶとき「露助」という言葉を使っていました。この言葉の語源もロシア語で「русский」で意味は「ロシア人」。発音すると「ルースキー」です。なるほど「露助」になってしまうわけですね。

あとロシア関係の雑学をもうひとつ。
お腹の調子が悪いときに飲む薬で「正露丸」というのがありますね。この薬が発売されたのは日露戦争の頃です。戦地で腹を下さないよう、兵士の常備薬として製造されたのです。発売当時のこの薬の名前は「征露丸」。そうです。ロシアを征服することを祈願して薬の名前に採用したのです。ラッパのマークは「進軍ラッパ」ですね。

正露丸ヒストリー
http://www.seirogan.co.jp/products/seirogan/various/history.html
【2015/01/05 11:02】 URL | とね #LHqosYvQ[ 編集]
イクラ―の話は、そういえばそーさんがしてました!
本を読み読み、「へえーロシアではキャビアってイクラっていうんだね!」と言ってました。
「イクラはお幾ら?」は絶対現地でもドヤ顔で言いそうですね・・・(汗)

インテリとか、ノルマもそうなんだ!!
不思議ですねえー。ロシア語が起源とは
思わなかったなあ。
露助ってのは、まさに音からきてあてはめた俗語ですねえ。
昔からの言葉も、あながち的外れじゃないって
ことだ☆
正露丸も、歴史の足跡を感じる言葉ですね。
そーさんがくいつく日露戦争に由来です(笑)

そういえば、昔、老舗のパンやさんに
「シベリア」という菓子パンを売っていました。
カステラのようなスポンジ生地の間に餡子がはさまっていて、
形や大きさはちょうどサンドイッチ状のものです。ご存知でしょうか?
おいしいお菓子です。
(確か、ジブリ映画「風立ちぬ」にも
出てきたような気がします)

今由来を調べたら、冷蔵庫がなかった時代に
ひんやりとした食感と名前が楽しめるお菓子だ、とありました。
諸説あるようですが、ロシアに由来する説もあるようです。

おもしろいですねえ。
遠く離れたロシアという国なのに、
日本の文化の中にもそっと文化がまぎれていて。奥深いです!
【2015/01/05 15:28】 URL | にわとりおかん #QVmBk27Y[ 編集]
シベリアっていうお菓子のこと、僕は知りませんでした。これのことですね。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38892

ネーミングの由来にはいくつか説がありますが、どれも興味深いです。戦争の匂いがプンプンしますね。(笑)
あど、なぜ無くなってしまったかの説明を読むと納得できますね。
あと、ロシア関連のネタとしてはこのジョーク動画が有名でしたね。原曲のタイトルが「めざせモスクワ」なだけですが。。。こういうダジャレ歌はそーさんに気に入ってもらえそうです。リンクはコピペして開いてください。

もすかう
https://www.youtube.com/watch?v=Wj76YgiwdmM

原曲
https://www.youtube.com/watch?v=Yfh6azHw7Fk
【2015/01/05 17:58】 URL | とね #LHqosYvQ[ 編集]
そうそう!まさにこの写真のお菓子です!
和洋折衷というか、不思議なお菓子です。
ほほー、こんなページもあるのですね。
堀越二郎とシベリア・・・やはり映画で見たという記憶はあっていました。よかった。ちょっとうろ覚えで(笑)
ほんと。戦争のニオイ、プンプンします(笑)

お教えいただいた「もすかう」、めちゃくちゃオモロイです!
で、早速そーさんに教えたところ、
ソッコーでゲラスィッチ作動、絶叫ににたひき笑いしながら床をころげまわっております(汗)
これはスゴイ!オモロイ!です!

大笑いしながら、何度もヘビーリピートし、
さらに歌詞を書きだしました・・・(汗汗)
明日学校に行って話したいらしく、
「ああ!早く明日学校に行きたい!」と
のたもうております。

ちなみに、脱線しちゃうのですが、
ユーチューブでもすかうを検索すると、
同じ並びで「恋のマイアヒ」が出てきます。
これも、昔何回も見ました!
そのときのネコと、今回のもすかうのネコが似ていたので急に懐かしくなりました(笑)
ノマノマイェイ♪

ロシア語から、一気に世界が広がりました!
ありがとうございます。
もすかうは、まだまだ当分我が家の旬ネタに
なりそうですよ~!!
【2015/01/05 20:15】 URL | にわとりおかん #QVmBk27Y[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://niwatoriokan.blog97.fc2.com/tb.php/2720-e97ca870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

にわとりおかん

Author:にわとりおかん
12歳の息子をもつ、
ちょっとぬかっとる「おかん」です。
子育ての傍ら、アート活動しとります。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

 
親子で工作!No.01プラバン工作キット

親子で工作!No.01プラバン工作キット

価格:450円(税込)

 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
836位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
80位
アクセスランキングを見る>>