にわとりおかんの極上日和        
ダンシとは宇宙人なり!サイエンスマニアの親子日記☆
分光器


さあて、ひさびさの科学ネタ!

2月18日に、なぜなぜ広場「光であそぼう!」を
開催したのですが、これはその準備段階のお話。

磁石と並んで、光はどうしても取り上げたかったテーマ!

だって、光はオモシロイんだもん!


なぜなぜでは、やっぱり分光器は紹介したい。

分光器は、白色光を分けて、
光のスペクトル(七色の、光の分光分布)を示すものです。

最初は、プリズム使おうかと思ったんだけど。
大勢の前での演示になると迫力がイマイチかも。

それに、ご家庭にあるもので作れる分光器のほうが
オモシロいし、タノシイーよね。



さて、ここで説明しよう!!
私は、筋金入りのザッパー(おおざっぱ)であるからして!

めんどうな手順とかこみいった作業はキライ人間。

私がOKを出したチョー手抜き工作なら、
子育てに忙しいお母さんでも、きっとできるでありましょう!



まず、材料は身近にあるものね。
それは鉄板。外せない条件。

捨てるはずだった、CDとかDVDのメディアを使おう。

あっ、これは、CDを切って作るやつか。
早速辞退。
だって、CDを切るのがまずメンドクサイもん。
固いし(笑)



次は分光器のはこのほう。

方眼紙?!
これは辞退。
まず、ふつうに家にないもんね。
子育てママはわざわざこれを買いに出たりしない。

あと、方眼紙に線を引いて、切る。
これもだめだ。
ふつうのご家庭はしないよ。

もっとこう・・・
ふつーに家にありふれてて、
そのまま箱の形になってるやつ・・・



牛乳パックを使ってる例を見つけました。
でも、これは牛乳パックを切り開いて、
墨汁を塗って、乾かして、また組み立てる仕様。

これじゃだめだ!
メンドクサイ!(←ね、筋金入りのザッパーでしょ!)

切り開かなくったっていいんじゃない?!
牛乳全部飲みきったら、洗って、乾かして、
そしたらすぐできる風にしよう!



で、よくある仕様に、
「〇〇cmのところを〇cm、〇mm幅で切込みを入れ」
みたいのあるでしょ。

これが、ザッパーにはめんどくさくて
気が遠くなるんです(汗)

いいよもう大体で。
ざっくりざっくり。
あとは作ってから微調整だ!

とにかく、
●CDやDVDをはめこむ溝
●採光穴
●中を観察する穴
の3つが開いてりゃ、どうにかなる!



中は暗い方がよく見えると思うので、
牛乳パックを洗って乾かした状態で
(カッターを入れる前に)
100均のスプレーをぷしゅーっとやって
遮光仕様にはしました。

厳密にいうと、これすらも要らないかもね。
多少見にくいかもだけど。
キレイに見たければ、遮光してください。



よっしゃ!!!
キタキター!

CDやDVDは、ピッチと呼ばれる溝が切ってあるので、
それが回折格子の役目を果たして、
白色光を分光してくれるのです!

CDとDVDでは、ピッチの溝の幅が違うので、
見え方が違うのではないか・・・という案もサイピア内部ででたのですが、
今現在は、明確な違いを把握しておらず。
誰か情報をお持ちの方は教えてください☆

穴から取り入れた光が、
ちょうどディスクの中心部分に当たるような位置に
ディスクを固定するとキレイに見えました。



大量生産した、別の分光器。
ちょっと他の影が映りこんでいますが、
うんうん、いいじゃないの。
七色がいい感じよ。

明日に続く!

おもしろかったらぽちっとね
【2015/02/25 00:00】 | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<分光器 応用編! | ホーム | 過渡期>>
コメント
ここまで、徹底した単純化はそうできるものでは無いと思います。

お母さんを巻き込んだ草の根活動の真骨頂ですね。

で回折格子の説明が難しそうですね。波の現象って分かりにくいから

分光器と言うタイトルを見て真っ先に思いうかんだのが、太陽光の分光で、目に見えない赤外線の確認をしたら面白そうだ、と言うことです。

むかしハーシェルが赤外線を発見したときの追体験って訳です。
【2015/02/25 12:12】 URL | やす #XSag7DMU[ 編集]
わーい やすさんにお褒めの言葉をいただくとは☆
嬉しいです!ありがとうございます!

いかにして自分が楽をするか・・・という
ザッパー道は、私が人生をかけて歩んできた奥深き道(笑)
なんていうと大げさですが、実はこの考え方は
激務だったシステムエンジニアだったころ
先輩方に叩き込まれた考えなのです。
お客さんの意向を汲みつつ、自分が負担をしょいすぎてつぶれないようにギリギリのところで落としどころを見つける・・・という。

あっ、もちろん、元からの性格も十二分にあるのですが(笑)

でも、そんなザッパー道が、
未来を担う子どもたちを育てるママたちへの
科学啓発に役立てば、万々歳ですね☆

ハーシェル!
懐かしいなあー。私はこの名前を
宇宙物理学の中で学びました。
確かに、赤色色より外の見えない光で
温度があがれば、そこにも確実に光があることを演示できますね。
子どもたちにも、直感的に分かってもらえそうです。わかりやすい!

貴重なヒントを、ありがとうございますです!
(^o^)/
【2015/02/25 12:28】 URL | にわとりおかん #QVmBk27Y[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://niwatoriokan.blog97.fc2.com/tb.php/2774-2f27d66f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

にわとりおかん

Author:にわとりおかん
12歳の息子をもつ、
ちょっとぬかっとる「おかん」です。
子育ての傍ら、アート活動しとります。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

 
親子で工作!No.01プラバン工作キット

親子で工作!No.01プラバン工作キット

価格:450円(税込)

 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
795位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
76位
アクセスランキングを見る>>