にわとりおかんの極上日和        
ダンシとは宇宙人なり!サイエンスマニアの親子日記☆
関わる時間


連弾、楽しかったなー。


連弾は、緊張もするし、お互いに対するプレッシャーもある。
(「相手のために失敗できない!」という気持ちです)

でも、それゆえに連帯感というか、
独特の楽しさがあるのもまた真実です。
親子で対等の共同作業って、日々の中に
なかなかないかもしれない。



子どもが晴れの舞台に立つとき、
親は誰しも「うまくいってほしい」とハラハラドキドキします。

それは子育てをしていれば
日々あるハラハラドキドキなのですがー



連弾などの場合は。

親も同じドキドキハラハラを味わいます(笑)

これは、見守る立場でのドキドキハラハラとは
またちょっと違う。



で、同じ結果を同じ気持ちで共有できるんです。

これって、すごく素敵な事かも!



最近は子どもたちも、大人たちも、
みんなそれぞれ忙しい。

親は、
塾や、学校のお勉強や、習い事、
たくさんの先生に子どもの指導をお願いしている。

勿論、ちょっと大きくなってくると、親が言っても
きかなくなる。
かえって第三者の先生の言う事を聞く場合もある。
そのほうが、才能が伸びることもある。
だから一概には言えないけれどー



ぜーんぶを先生方に丸投げして、見守るだけではなくて、
こんな風にいろんな形で
子どもと関われる時間があったらすごくステキだなあと思う。

どんな小さなことでも。

どんなへたっぴいな残念な結果に終わっても。

たとえ一緒に学んだ内容が事実とは違って
間違っていても。

共有するってことが、大事だ。

共有した記憶や気持ちは、ずっと心に残ると思う。



私はこの理念でなぜなぜ広場を企画しています。

子どもちゃんたちを一時間受け取って楽しませて
あげて、その後ろでママ同士でおしゃべりするってのも
形としてはアリだとは思う。
事実、なぜなぜの当初はそういうお母さん方もたくさん居た。

でも、親と子の共有を考えて企画を組むと、
どうしてもお母さんとの共同作業になったり、
手を借りたりしないとできなかったりすることがある。
で、回数を重ねているうちに、現在のなぜなぜでは
みんなお母さんと子どもちゃんが一緒に座って参加して
くださっています。
(誰から言うともなく、そうなりました~)
感謝!

本当は外に出た一時間くらい、子どもから離れて気楽に
していたいよね。お母さんたち。
私もそうだったから、よくわかる。

なぜなぜに来てくれるお母さん方には
楽をさせてあげれなくて申し訳ないのです…(汗)
そのかわり、親子で楽しめる企画を必死に練ります!
ぜひ、なぜなぜ広場でタノシサを「共有」してほしいです。



で、そーさんも五年生。
そろそろお勉強も難しくなってくるころ。

今まで完全に学校の先生に丸投げして

サポートをしてこなかったので(反省!)


五年生では、少しずつ、できる範囲で、
勉強も見ていこうかな、と思っています。

以前から、不定期でやっていた
「おかん寺子屋」の復活。

とはいえ、お勉強の問題だけじゃなく、宇宙や科学のことも
出てくるおかん寺子屋なのですが・・・

こちらもがんばります!


おもしろかったらぽちっとね
【2015/04/23 00:00】 | 子育て マンガ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<耳コピ | ホーム | ピアノの発表会!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://niwatoriokan.blog97.fc2.com/tb.php/2831-c2bc2b11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

にわとりおかん

Author:にわとりおかん
12歳の息子をもつ、
ちょっとぬかっとる「おかん」です。
子育ての傍ら、アート活動しとります。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

 
親子で工作!No.01プラバン工作キット

親子で工作!No.01プラバン工作キット

価格:450円(税込)

 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
599位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
62位
アクセスランキングを見る>>