にわとりおかんの極上日和        
ダンシとは宇宙人なり!サイエンスマニアの親子日記☆
煮干しの解剖


新春サイエンスインストラクター競演会の後の
情報交流会で、
福井先生が「煮干しの解剖」の講師になってくださいました。

煮干しの解剖自体は、本も出ていて、
全国各地で学生や科学講師がおこなっているネタ。
でも、実際にやるのは私は初めてでした!

これがとても楽しかったので、
そーさん用にいただいて帰ってきましたー。


私がやった解剖シートを参考に、
そーさんも挑戦!



目を取り外すと、うまくやると
視神経がついてくる。
すごい!
この視神経が、ちゃんと脳に繋がっている様子も
分かるわけです☆



頭蓋骨を開ければ、骨に守られて
茶褐色の脳があります。
きれいにとると、脊髄までつながる脳幹まで取りだすことができます。



ねじねじしたところは腸。
この前段階に肝臓がついています。
肝臓を割ると、肝臓に守られるようにして
胃がありました。
その前段階に、心臓がついています。
心臓は三角形をしているんです。

小さな耳石も取りだせます。(小さいけど、ちゃんとある!)

にぼしの体の基本的な構成と構造は、
私たち人間と同じ。

当たり前だけれど、今更ながら解剖によって実感する。
驚きと、畏敬の念が絶えません。



一回目は試行錯誤ですが、
二回目になると感じがつかめてきて
要領を得るようになります。



はまるよねー。
大人でもはまるもん。

これは、解剖とかが苦手な子もいいと思う。
もう干してあって乾いてるし、
そのあとは食べちゃえばいいんだし。

まさに、「おうちで科学」!「台所の科学」!ですね☆



一匹分は検体として台紙にはるとして、
残りは・・・



高級な大ぶりの煮干し。
食べちゃえ~

おおおー!!!すっごいおいしいぞ!!!



鍋のだしにもしたりして☆

小さな命、大事な命。

おいしくいただきました☆

おもしろかったらぽちっとね

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村


【2016/02/09 00:00】 | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<我が家の呼び名 | ホーム | 水素水の脅威>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://niwatoriokan.blog97.fc2.com/tb.php/3118-ea4d3311
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

にわとりおかん

Author:にわとりおかん
12歳の息子をもつ、
ちょっとぬかっとる「おかん」です。
子育ての傍ら、アート活動しとります。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

 
親子で工作!No.01プラバン工作キット

親子で工作!No.01プラバン工作キット

価格:450円(税込)

 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
748位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
71位
アクセスランキングを見る>>