にわとりおかんの極上日和        
ダンシとは宇宙人なり!サイエンスマニアの親子日記☆
東日本大震災から五年


東日本大震災。
あの日からもう五年がたったなんて
信じられない。

いまだに、あの日のことは鮮明に
思い出せます。
東日本大震災 その壱
東日本大震災 その弐
東日本大震災 その参


震災後数年間は、
無力感がすごかった。
でも、実際には何にもできなくて。

少しずつ、時がたつにつれて、
自分なりに人のためになることを見つけようとして
もがいてきた5年間だった。

以下の、四つの記事を見返してみると、
震災から三年目くらいで転機があって、
四年目くらいから前を向けるようになってるなあ。
震災から一年
震災から二年
震災から三年
震災から四年

雨の日も、風の日も、一日も休まずブログを更新してきて
よかったな。こうやって、見返せる。

だれかの役に立ちたい。
その気持ちは、きっとこれからも変わらないと思う。



被災地からは遠く離れた岡山でも。
ここサイピアで、震災の日を振り返る
イベントがあります。

プラネタリウムで、
「星空とともに」無料上映です。
「星空とともに」告知ページはここ

震災当日、大停電となった被災地を照らしたのは
満点の星空でした。
その星空を見ながら、もう一度あの日のことや
悲しい思いをした人たちに思いをはせてみよう、という
投影です。



3月11日は、夜、追悼キャンドルの点灯も行います。

被災地から遠く離れていても、空はつながっています。

あの日に思いをよせて、亡くなった方々や
今もなおつらい思いをしている人を想います。

ぜひサイピアにお越しください。



私達は、
ブログ友達なんちゃってさんから教えてもらった
「311星空プロジェクト」に 今年も参加しようかなと
考えています。
311星空プロジェクトのHP
にわとりおかんの極上日和での 星空プロジェクトの記事

夜、8時46分に部屋中の電気を消して
あの日のことを振り返ろう。



あの日、津波が壊していったたくさんのもの、たくさんの命。
今もなお傷ついた心のまま暮らしている被災地の人たち。

そして、
あの日私と同じように
大事な人を守り切れるだろうかと
不安に押しつぶされそうになったたくさんの人たち。

忘れない。
あの日はまだ、心の中にあります。


共感できたらぽちっとね

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村


【2016/03/11 00:00】 | 心のつぶやき | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<東日本大震災の日に見た夢 | ホーム | 本棚>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://niwatoriokan.blog97.fc2.com/tb.php/3171-3bfd9e4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

にわとりおかん

Author:にわとりおかん
12歳の息子をもつ、
ちょっとぬかっとる「おかん」です。
子育ての傍ら、アート活動しとります。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

 
親子で工作!No.01プラバン工作キット

親子で工作!No.01プラバン工作キット

価格:450円(税込)

 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
836位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
80位
アクセスランキングを見る>>