にわとりおかんの極上日和        
ダンシとは宇宙人なり!サイエンスマニアの親子日記☆
東日本大震災の日に見た夢


昨日、東日本大震災から五年、という記事を
描いたのですが。

描いているうちに当時の気持ちがあふれてきて
つらくなってしまいました。

それでなくても、3月11日前後は
当時の映像が流れる事も多いです。
私は人の感情や情報が過多に入ってくるタチなので、
普段はあえて鈍感にいるために、引きづられないように
心のシャッターを半分しめているんですけど。

震災前後は、
その心のシャッターを乗り越えて
たくさんの情報や感情が入ってきてしまうのでつらいです。


こういうときは遅くまで起きていても
さらにつらくなるので、
早く寝てしまおう。



ところが、日付変更線を越えて、3月11日になって。
夢を見だしたワタクシ。

参観の帰りなのか、避難時引き取りの時なのか、
とにかく親子で学校から引き上げる設定でした。
学校で、そーさんを探すワタクシ。



周りの親子は続々と帰路についているのに。
そーさんが全然見つからない。
暗くなってきた。夜になっちゃうよ!
早く帰ろうよ!



ひとけがどんどんなくなっていく校舎の中を、
慌てて走り回って探す私。
それでも一向に見つからない。



どれだけ探しても、どこにもいない。
どうしよう。
このまま会えないままなんじゃないだろうか!
誰か、誰かそーさんを見つけて!
助けて!

不安で、こわくて、思わず誰かに助けを求める。

そんなところで、目が覚めました。



あっ・・ あれっ!?!
夢か。
夢だったんだ・・・
夢でよかった・・・

うう、こわかった・・・・



久しぶりに、夢を見て泣いた。



慌てて横を見ると。
そーさんは気持ちよさそうに寝ていました。
よかった・・・・

でも、震災ではそんな悪夢が夢ではなく
現実だった人がたくさんいたんだ。
目が覚めても、大事な人はいない。
そんな残酷な現実に涙した人が、どれだけたくさん
いただろう。

そんな風に考えると、心のシャッターなんか吹き飛んで、
胸が押しつぶされるような気持ちになる。



震災から二年後の日、もっとぼんやりとした
悲しい夢を見たことはあったのですが。
震災二年後の日に見た悲しい夢

今回のように、「そーさんがいない」という現実的な
夢は五年間で初めて見たので
すごくつらかったです。

ショックを受けた心というのは、
表面上は、ならされて目立たなくなっているけれど。
水面下では、大きな溝はまだまだ残っているのかな。

震災からもう五年、でも、
震災からまだ五年。

たくさんのひとたちの、つらい記憶との戦いは、
まだまだ続くのだ、と思うワタクシなのでした。


しんみりしたらぽちっとね

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村


【2016/03/12 00:00】 | 子育て マンガ | トラックバック(0) | コメント(1) |
<<今日はゆるネタ。笑い道! | ホーム | 東日本大震災から五年>>
コメント
> いいね

コメントありがとうございます。
【2016/03/12 18:10】 URL | にわとりおかん #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://niwatoriokan.blog97.fc2.com/tb.php/3172-923400d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

にわとりおかん

Author:にわとりおかん
12歳の息子をもつ、
ちょっとぬかっとる「おかん」です。
子育ての傍ら、アート活動しとります。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

 
親子で工作!No.01プラバン工作キット

親子で工作!No.01プラバン工作キット

価格:450円(税込)

 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
619位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
61位
アクセスランキングを見る>>