にわとりおかんの極上日和        
ダンシとは宇宙人なり!サイエンスマニアの親子日記☆
小さくてもできること


岡山市が、熊本への支援物資を輸送開始したとのこと。
よしっ!
無事届いて!

被災地への支援物資輸送のシステムは、
25年度あたりから整備を進めていたようで
今回初の適用らしいです。


東日本大震災のときは、東京にいて
自分のことで手一杯で何もできなかった。

でも、大分考え方が変わりました。
直接的でもいいし、間接的でもいいから
自分にできることを、小さなことでもしていく!



とりあえずは、この場を借りて
避難・移住についての情報発信をしようと思います。
(原発や放射能のことについても少し)

被災地に親戚や家族や友人のいる方。
何か気になる情報があれば、ぜひ活用してください!



まずは、
私を含め、多くの人が懸念する原発の不安。

岡山でしたら、県内にはなく、
最寄りのものもある程度遠いです。

原発は、危険性と、その町がどれだけ原発で潤うか、という
バランスによると思うので、一概に語るのは難しいです。
原発からの電気で、私たちの生活の一部もまかなわれているし。
岡山県は他の県の原発の電気を一部利用していると
思われるし。

それでも、こどもを持つ親として、原発の不安は抱えたくないです。
(原発関係者に遺恨もないし、全否定するわけではありません。)

ただ、私は プラズマ・核融合物理分野出身の身。
(高エネルギーを研究するので、割合原子炉に近い分野です)
その観点からすれば、個人的には子どもを守るために
原発の危険性を無視することはできません。

でも、このブログをお読みの方の中にも原発関係者は
いらっしゃると思います。
もちろん私の友人、研究室の同期にも、
企業の原子炉の研究開発に行った人や、実際に原発関係で
勤務している人がいます。

原発の不安をどうとらえるか、それはみなさん自身で
それぞれが判断すべき問題です。
ただ、その判断材料を、
科学的見地から公平な視点で提示するのは
科学講師の範疇かな、と思います。



なんでこの状況で九州の原発停めないんだろう・・・

点検で異常がなかったから運転しているようだけど、

もし今の時点で「本震」と呼ばれているものが

さらなる「本震」の前震だったら?


未曽有の事態の中、そんな可能性はゼロではない。
誰にもそんなことわからない。
なぜ制御不能になる前に、安全にとめておけるうちに
とめておかないんだろう。

もちろん、停電が病院や病人の命に関わることは理解できるけど、
現在原発以外でまかなえる電気はそちらに優先するとか・・・

また、原発を一時停止するだけでも大損害なのはわかるが、
原発が制御不能になればもっとたくさんの人たちの命が危険だ。
福島第一原発の顛末を見てきた多くの人が
そう思うんじゃないだろうか。

地震が来たら、まず身の安全の確保。
余裕があったら、火を消す。

それと同じ、
当たり前のことなんじゃないかなーと、心の底では思ったりする。



もし、原発に不安を抱えて移住を考えている方がいたら。

一つだけ、誤解のないようにね。言っておくね。

土壌から受ける自然放射線は、
東日本より西日本が高いです。
これは、土壌に花崗岩が多いからです。
花崗岩にはウランなどの放射性物質が含まれていたり
するので高いのです。
(ラドン温泉とかも多いよ)

ですから、ガイガーカウンターを持って東京から越してきて
はかってみたら、「話が違う!」と慌てる方が多いと聞きました。

確かに、自然放射線は高いかもしれませんが、
だからといって西日本の人間が寿命が短いわけではありません。
また、体内に放射性物質を取り込んだ「内部ひばく」と
自然放射線を浴びる「外部ひばく」とは全く違います。

「内部ひばく」は、体内にとりこんだ放射性物質が体外に
出ない限りはその場所で放射線を出し続けます。
移動する人間が、場所によってある時間だけ
自然放射線を受けるのとはまるで機構が違うのです。

その2つのことを理解した上で、
移住を決断するかどうか、それはその人の判断です☆





もし、熊本に限らずこちらへの移住を考えている方は、
なんとこの4月に移住相談窓口が東京にできたみたい。

【岡山移住相談 東京窓口 のページ】

2016年4月1日に 東京丸の内南口にオープンしたばかり!
移動コンシェルジュが常駐しているようですので
気になる方はぜひご相談を。

【岡山市ホームページ 東日本大震災受け入れ情報】

被災者が岡山に移住するにあたって受けられる各サービスなどが
書かれています。

熊本の被災者の方も、今後受け入れ・支援体制が整ってくると
思うので、

いや、そうしてくんないと困るから、
県知事いばらぎさんがんばって!

気になる方はまず
岡山県 危機管理課 086-226-7385
までお電話を!

なお、現在このようなお知らせが出ています↓
平成28年熊本地震への対応状況に関する県からのお知らせ

※実際に中を覗くと平成26年となっていますが
おそらく急いで作った際の間違いだと思います。
内容は新しいものなので大丈夫です。



財政難なのがネックよねー。
どっか大きい企業が、どどーんと岡山に本社移転したら
いいのになあー。税金落っこちるし、雇用も増えるし。

そんな情報をまるっとインプットしてもらって。
その上で、
「おいでんせぇ岡山」!!!



と、岡山への避難・移住情報を出したのはいいけれど、
震源は熊本から大分、そして海を渡り愛媛の伊方へ・・・
伊方原発は現在停止中ですが、南海トラフがきたら
津波が来るので100%安全ではなく心配~。
(岡山から距離はあるけれど)

原発が無事であれば、岡山に南海トラフの津波が
来た場合でも市内で3~4m程度。
しかも、到達まで時間が(2時間程)あるので逃げることが
できるはず。

岡山の人は、あまり経験したことのない地震ですが、
自分たちのことは自分たちでできるように、
なるべく対策はしておきましょう!
つっぱり棒とかね。やっとくと全然違うのよ。

我が家は非常袋の中身と、防災ヘルメットの再チェック☆

あっ、そういえば、
大きな地震のときは出産ラッシュになります(汗)

私も新潟の中越地震のときに産気づいてそーさんを
産みました。産科は私以外にもいっぱい産気づいた人が
来ていて、まさにラッシュでした。
看護師さんが「大きな地震のときは陣痛来る人が多いのよ!」
と言っておられました。

ですので、もしかしたら熊本でも設備もままならないまま
出産になった方もたくさんいるかも。
もし新生児を抱えた知り合いがいたら、みなさんしばらく
避難を受け入れたり、受け入れをしている場所の情報を
流してあげてください!

以上、長くなってしまったけれど、
防災意識を高めつつの、避難・移住情報でした!


おもしろかったらぽちっとね

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村



【2016/04/19 00:00】 | 子育て マンガ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<知っておいてほしい! 避難生活とアレルギー | ホーム | 熊本地震の衝撃 >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://niwatoriokan.blog97.fc2.com/tb.php/3212-fb5a0112
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

にわとりおかん

Author:にわとりおかん
12歳の息子をもつ、
ちょっとぬかっとる「おかん」です。
子育ての傍ら、アート活動しとります。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

 
親子で工作!No.01プラバン工作キット

親子で工作!No.01プラバン工作キット

価格:450円(税込)

 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
51位
アクセスランキングを見る>>