にわとりおかんの極上日和        
ダンシとは宇宙人なり!サイエンスマニアの親子日記☆
科学リテラシー


科学リテラシー。

すごく簡単に言うと、
人が日常生活の中で必要な最低限の科学的興味、
科学的知識、と言ったところでしょうか。

科学講師として、この科学リテラシーを広めていくことが
使命の一つでもあります。

要は、「ニセ科学」にだまされないための
必要最低限の科学的見地を広める、ということです。


例えば・・・

昔はもっとよく入ってたけれど、
最近では少し少なくなったかな?

新聞での折りこみ広告で、アヤシゲな
ブレスレットや財布を販売しているのを
見たことはありませんか?

あんなものつけたって、金運が巡ってくる
訳がないよ(汗)
だまされないで、おじいちゃんおばあちゃん!



それから、以前サイピアの中でも話題に上った
トンデモ本があります。

この本に関しては、
科学リテラシーを広めようとされている
左巻健男(さまきたけお)氏も、
「科学ではない!」と反論されておられます。

水に、きれいな言葉をかけながら凍らせると美しい結晶になり、
きたない言葉をかけながら凍らせると、そうはならない、
という論点で書かれた写真本なんです。

この本は、当時本屋でも平積みにされ、
メディアでも取り上げられたようですね。
よく売れていたみたいです。

でも・・・



どー考えたっておかしい。
というか、ハテナマークだらけで、全くわからない。

なんで?

例えば、水に音波をかけてその周波数を変えていく実験と
いうならまだしも
(音波をかけ続ける環境で水が凍るのかどうかもわからんが)

言葉によって違うって(汗)
しかも言葉の意味によって違うって(滝汗)

んじゃあ日本語とロシア語だと、何かちがいがあるんだろうか?

んもー頭の中でエマージェンシーコールが「みーみー」鳴る。

アヤシイ。



科学的にウソであることを百も承知で
ファンタジー本とか、フィクション本として出すなら
まだいいのだがー

真実である体裁で出されると、
科学講師としては納得いかない。



同じような話で、
きれいな言葉をかけて育てた植物と、
きたない言葉をかけて育てた植物と、
どちらがたくさん成長したでしょう、という内容の
副読本が、小学校の道徳で使われたこともあるらしい。

これはいかんだろう!!!

これを真実として育ってしまうこどもたちがいるということだ!

もちろん、生きものや人間である相手に対して
きたない言葉を発せず、相手を思いやるという精神は
大変大切なのであるが、それとこれとは別問題である。

このように、広まるべきである科学リテラシーが
行く手をはばまれている場合もある。



また、昨今のトンデモ科学の隆盛はすさまじく。

例えば、よくいく巨大ショッピングモールの映画館。
(イオンシネマ)

ここでは、映画が始まる前の予告・宣伝の時間に
必ずナノバブル水素水の宣伝が入る。
我が家は最初から
「素晴らしい効能を前面に出してるけど、
 そんなわけないじゃん」という
スタンスなのであるがー

あまりにも毎回宣伝が入るので、
「これ、いいのかも」と思って買ってしまう人は
少なからずいるだろうなとは思う。
一種のすりこみだよなー。



空気清浄器のプラズマクラスターにしても、
ちょっとわからない点も多い。
いや、私がそのメカニズムを
よく知らないだけなのかもしれないけどー

プラズマ実験を行っていたときには、
電離した気体を真空容器の中に閉じ込めるのは
なかなか難しく、工夫や苦労をしていたので。
そんな風に普通の室内で、
プラズマ状態になったものがどれだけの時間
安定なまま部屋を浮遊できるのか、疑問点が多いです。
(うまくやっていると信じたいところです)



あと私が胡散臭く思うのは、EMS。

電極をお腹とか筋肉にはって、電気信号を送ることで
勝手に筋肉がぴくぴく動いて、
「運動したことになって痩せる」というアレです。

あれって、大丈夫なんかいね。

だって、通常はあんなに激しく筋肉を動かす脳信号は
脳からでないわけでしょ。
通常でないような信号を、怒涛のように筋肉に送っちゃって
大丈夫なの?
筋肉ボロボロにならないの?

EMSは元々、体を動かせなくなってしまった人のリハビリに
使われたいたもののようです。
そういう人は、普段体を動かせないから、確かにリハビリには
いいとは思うのですが。
普段ふつうに体を動かしている人が痩せるために、って
どうなの?



あと、どーしても賛成できないもの。
酸素カプセル、酸素バー。

山みたいに酸素薄い所にいくなら必要だけど。

疲れをとるためとか、リフレッシュするため、で
酸素吸ってる人って、大丈夫なの?

だって、体に酸素を取り入れて活性化させるってことは、
細胞自体はどんどん酸化されていくから、
老化が早まるんじゃないの?

遺伝子DNAってのは、テロメアという末尾の部分に
細胞分裂の回数を決めている、「回数券」みたいなものが
あって。その回数券を使い切るとそれ以上分裂しなくなります。
それが老化につながるんですが。

体が活性化されていったら、老化に早まる気がするんだけど・・・・

私が上記の内容でたてた予想は、
専門家ではないので間違っている場合もあると思います。
ただ、ここで大事なのは、アヤシゲなものを鵜呑みにせず、
「なんでそうなるの?これって本当なの?」と
一旦立ち止まることなんです。

そのための、科学リテラシーというワケなのです。



ということで、たまーに入るアヤシゲな折りこみ広告は、
資料としてとってある我が家なのでした・・・

ちょっと前だと「波動パワー」。
いまだと「量子パワー」かな?
そんなアヤシゲな言葉には、ご用心!!

おもしろかったらぽちっとね

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
【2016/05/26 00:00】 | 子育て マンガ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<小学校最後の。 | ホーム | だんごむしとあそぼう! 当日の様子☆>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://niwatoriokan.blog97.fc2.com/tb.php/3240-dbe4577f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

にわとりおかん

Author:にわとりおかん
12歳の息子をもつ、
ちょっとぬかっとる「おかん」です。
子育ての傍ら、アート活動しとります。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

 
親子で工作!No.01プラバン工作キット

親子で工作!No.01プラバン工作キット

価格:450円(税込)

 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
814位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
77位
アクセスランキングを見る>>