にわとりおかんの極上日和        
ダンシとは宇宙人なり!サイエンスマニアの親子日記☆
3年生のころのこと。


そーさんももう六年生。
体も大きくなったし、だいぶ中身が
大人になってきました。

今になって、3年生のころのことを
思い出すことも多いみたい。


そーさんは特に目立った変化はなかったのですが、
三年生というのは「ギャングエイジ」と言われ、
荒れることも多々ある学年。

担任の先生からも、「三年生はいよいよギャングエイジに
入りますので保護者のみなさんもサポートお願いします」
というお話がありました。

確かに、学年全体というか、クラスも一部荒れていた子も
いたように思います。
それはでも、「こどもによっては成長の過程だからなあ」と、
想定内ではいましたが・・・



そーさんが、いまになって思い出す思い出。
いろいろ飛び出してきました。
私としては、初めて聞く話ばかり。



一人の先生じゃなくて、いろんな先生の言葉が
知らず知らず心にひっかかっていたようです。



当時は「よくわからないけれどなんだかモヤモヤする」
という感じだったみたいですが、
少し成長した今、「自分はあのとき嫌な気持ちだった」と
腑に落ちたみたいなのです。

あるある。そういうこと。
私もここ数年「格付けジョシ」のターゲットになってしまい
モヤモヤとし続けて。長く悩んだ末に友達に相談して、
「自分は嫌な気持ちだったんだ。距離を置こう」と決めて
スッキリしました。そういうのと似てるね。



そーさんがそんな風にモヤモヤしてたころ。

確かに!
毎朝
「うーん・・・今日はちょっと体調がおかしいから
熱をはかってみておく・・・」と言うのが続いた時期がありました。

数週間くらい続いたかなあ。
覚えてる覚えてる。



結局はかっても熱はなかったので、
「うーん なかったかあ。気のせいかなあ。
 行ってきますー」と登校していたそーさん。



確かに、ズル休みをしたいようなそぶりは全く
なかったし、でもなんとなくしんどそうではいたなあ。

メンタルがしんどかったのか。



そーさんは、幼稚園のころからそうだけど、
外であったことは今でもたくさん話してくれる。
今日ね!今日さ!こんなことがあったよー
こんな風だったよー と話してくれる。

私も自分なりに耳を傾けたつもりだったけど、
そーさんがしんどかったことに
気付けなかったなあ。



別に先生に告げ口するとか、そういうこととは
切り離して。
だれかに話すとラクになることってあるからさ。
あんまりため込まずに話していいんだよ。

これからもっと大きくなったって、言っていいんだよ。
ちゃんと聞くからね。



どうやら三年生はまだ幼かったから、
感じているモヤモヤをうまく言葉にできなかったらしい。

子どもとのコミュニケーションは、難しいね。

子ども側が、うまく発信できないこともあるんだもんな~。
しっかり向き合おうとがんばってても、
汲み取れないことがあるんだな・・・と反省のワタクシなのでした。

おもしろかったらぽちっとね

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
【2016/08/11 00:00】 | 子育て マンガ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<この夏二回目の大阪旅行! | ホーム | げつく☆>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://niwatoriokan.blog97.fc2.com/tb.php/3334-1e009372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

にわとりおかん

Author:にわとりおかん
12歳の息子をもつ、
ちょっとぬかっとる「おかん」です。
子育ての傍ら、アート活動しとります。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

 
親子で工作!No.01プラバン工作キット

親子で工作!No.01プラバン工作キット

価格:450円(税込)

 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
651位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
62位
アクセスランキングを見る>>