にわとりおかんの極上日和        
ダンシとは宇宙人なり!サイエンスマニアの親子日記☆
科学と落語!


ワタクシは、学生時代から落語だーいすき。

元々関東の人間(鎌倉出身)なので、笑点などは
なじみがありましたが。
本格的に落語にはまったのは、学生時代~社会人時代に
通い詰めた 上方落語の魅力にはまったからです。

今は亡き、米朝師匠や枝雀師匠の高座、
よく見に行っていましたー。


でね。科学講師になってから、いろんなことを
試みているのですが。

その中でも、(先になるだろうけれど)
やってみたいことがひとつ。

それは。

科学落語!



いつもサイエンスショーをやってる舞台の
机をとっぱらって。
そこへお座布団ひいて、着物で座るの。



なんなら見台(けんだい)も出しちゃって。

卓上実験しながら話進めたりして。

そういえば、この見台。
お江戸落語ではあまり使われません。
上方落語では割とよく出てくるんですけどね。
机です。これも落語の中の小道具の一つになるんです。

私は三味線弾きなのですが、
その譜面台も同じようなものです。譜面が置けるように
少し斜めになっていますが、それも同じように見台(けんだい)
と言います。

上方落語だと、この見台の前についたてをおいたりもします。
それを、「膝隠(ひざかくし)」と言います。



で、科学落語に話をもどして、
話す内容はー

私が企画イベントする「科学小噺(サイエンスこばなし)」を
焼き直したものなんかどうだろう?

相対論とか、素粒子の話とか、重力波とか、
物理方面のオモシロいとこいいとこどりで。

で、それだけじゃ科学小噺と変わらないので
工夫をこらしー



人情噺に仕立て上げたりして(笑)

どう??!

それなら聞いてる人もオモシロいのでは?!



で、もちろん最後は落として終わり☆

オチがつかなきゃ、落語じゃないもんね☆



うわあー うわあー

やってみたいよう

楽しそうだよう(やる本人が)



しかしこれはさすがにハードルは高い!
すぐには無理だろう!!

ネタを書き、よく練って、
人の前で話せるレベルにまで持っていく。
プラス、噺家としての話芸も必要。

なんという遠い道のり!

・・・けれど、やっぱりやってみたい!!!!

あきらめたくはないので、少しずつ
ネタを練ってみます(笑)

40代、やりたい事いっぱい!!!


おもしろかったらぽちっとね

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

【2016/10/06 00:00】 | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<まんま | ホーム | 科学講師紹介映像>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://niwatoriokan.blog97.fc2.com/tb.php/3392-a9358f4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

にわとりおかん

Author:にわとりおかん
12歳の息子をもつ、
ちょっとぬかっとる「おかん」です。
子育ての傍ら、アート活動しとります。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

 
親子で工作!No.01プラバン工作キット

親子で工作!No.01プラバン工作キット

価格:450円(税込)

 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
597位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
54位
アクセスランキングを見る>>