にわとりおかんの極上日和        
ダンシとは宇宙人なり!サイエンスマニアの親子日記☆
お誕生日おめでとう外食☆


この間の日曜日10月23日はピアノの発表会でして、
そのあとは打ち上げと、
そーさん誕生日前夜祭を兼ねて晩御飯を
食べに行きました。

なので、24日の誕生日当日はおうちで
ふつーーーの晩御飯だったのですが・・・・

行きつけのお店から、誕生日優待はがきが来ていたので、
ちゃんとした誕生日祝いをするために、
昨日でかけてきました☆
珍しく、夜のおでかけ。


場所は、我が家行きつけの「Resort」。
ビックカメラのビルの五階にあります。

ここは、私たちが大好きなパンケーキやと同じ
系列の店でして、昼も夜もおいしくいただけるので
重宝しています。
味がいいのはさることながら、値段も高くないし。
サービスもすごくいいです。
そして、私が食べられるものばかり(←これは貴重!)

今日は思い切り食べよう!



先々週の日曜に大風邪ひいて、
いまだに治りきっていないワタクシですので、
ここでガツンと栄養取って治したいところ・・・(とほほ)

アツアツ焼き立てのピザや、おいしいサラダ、
野菜の風味の濃いポタージュなどをゆっくり
いただきます。
ああ~おいしい~(感涙)



で、毎年恒例☆
バースデイケーキのサービス☆

行きつけになっておくと、毎年誕生日ごろ
優待はがきが届き、このサービスを選択する
ことができます。
これね、サービスです。無料!!すごくない?

このケーキを頼む場合は事前予約が必要なのですが、
このようにメッセージも入れてもらえるからとっても嬉しい☆

(去年もこの時期行ってるんですが、
 そのときの記事は→去年のケーキ



お店の人に、記念写真も撮ってもらえるよ☆

さて、ローソクが消えたら、入刀!!!



おいしーい☆☆

ここはスィーツもコーヒーもかなりおいしいので、
本当に大好きなお店ですー♪♪

私が外で食べれるケーキなんて、
ほんとーーーに限られるので、うれしいです・・・

12歳かあ。大きくなったねえー。



ここ数年はそーさんの物欲がとんとなくなってしまい、
クリスマスプレゼントも誕生日プレゼントも
「うーん今ほしいのないから、今度ほしいものができたら
 買ってもらうー」って感じなんですよね・・・

今年もそんな感じなのですが、まあ本はほしいのが
あったので。
今日はとりあえずそれを買いました。
といっても、誕生日プレゼントというほどのものでもないので、
またそれはそれで考えます・・・



で、買った本2冊とは。

ぼのぼので~す。

あらっ!そこのあなた!
漫画かあ、と馬鹿にしてはいけませんよ!(笑)

ぼのぼのを読んだことがある人はご存知かと思いますが、
これはもうほぼ、哲学書に近いと私は思うのです(キリッ)

ちなみに、「漫画は教育に悪いんじゃないかな?」と
不安に思われているお母さん。
大丈夫大丈夫。 私は小学校入学時くらいから
筋金入りのヘビー漫画リーダーです。漫画の蔵書もものすごいです。
でも、理系に進んだから大丈夫ですよー(^^)

漫画を読んでいる時はね、絵と字を同時に処理しながら読み進むので、
左脳と右脳を両方使う、高度な読み方をしているのです。
だから、意外に脳のトレーニングになると思います。
もちろん、くだらない漫画や過激な漫画はどうかなとも思いますが、
ぼのぼのはかわいいので、こどもさんにもおすすめです☆
内容は深いので、大人も思わず考えさせられますよ。



毎回深い内容なんだけど、
最新刊41巻は、特に名作かもしんない(涙)

今までででこなかった、ぼのぼののお母さんが
出てきます。

泣けます。
深いです。

いのちとはなんぞやという深いテーマを
いつものゆるーい絵柄で考えさせます。(すごい!)

誕生日祝いの日に買ってあげれてよかったー。
記念の一冊です。



同じく買った、「ぼのちゃん」。

これはぼのぼのがまだ赤ちゃんのころのお話しです。
おとうさんの、シングルファザーっぷりが
とにかく一生懸命で、かわいくて、キュンキュンしますよー。

41巻と合わせて読むと、
おとうさんの子育てのすばらしさと、
お母さんがなぜいつもは不在なのかが
マッチして、味わい深さ倍増です!

ぜひセットでお読みください!



一か月、朝練や放課後練に参加していた
陸上競技会の本番も金曜に終わり。

おいしいごちそうと、感激した本と。

忙しい秋ではありますが、充実して
ほくほくご満悦の、そーさんでありました☆

おもしろかったらぽちっとね

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
【2016/10/30 00:00】 | 子育て マンガ | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<個人懇談♪ | ホーム | 先日の地震>>
コメント
そーさん、お誕生日おめでとう、だね~☆
今回のエピソード、ぼのぼの41巻に驚いたよ!
高校時代に読んでたわ。ずっと続いてたのね。
困る前から困らなくていい。困ってから困ればいいんだ。
とか、今だに時々思い出してる。笑
「しまっちゃうおじさん」も当時衝撃的だった。まだいるのかなぁ。
【2016/10/30 09:41】 URL | たこぎ #-[ 編集]
たこぎさん、お祝いの言葉、ありがとう~!!
そーさん、でっかくなったよー!

そうなんだよ。ぼのぼの、まだ絶賛続いてます。
30周年だよ。またテレビアニメも始まったみたい。41巻、もし興味あったらぜひ本屋で手にとってみて。すっごい深いの。私の中では、一冊全体が名作中の名作だと思ったよ。

しまっちゃうおじさんも健在だよ!

あとでフェイスブックのほうからもシェアしようと思うんだけど、現在スカイツリーで期間限定ぼのぼのカフェやってるんだよ~。
関東にいたら、絶対行くんだけどなあー。
【2016/10/30 13:38】 URL | にわとりおかん #QVmBk27Y[ 編集]
ぼのぼの41巻、一気読み。泣いてしまう~。
いがらしみきおさん東北の方なのかなって思ってググったら宮城でした。

あの震災の時、大きな地震に驚き、自分の家とか実験途中で投げ出したサンプルとか、そんなことを心配していた私。歩いて帰宅し、テレビで津波の映像を見て、はじめて親戚の安否に思いが至ったのでした。なぜすぐに気がつかなかったのだろう、なんて自分は薄情なんだろうと。自分が嫌になったことを思い出したりしました。
【2016/10/31 20:43】 URL | たこぎ #-[ 編集]
でしょ。でしょ。でしょ!!!
私も引き込まれて、もうくいいるように読みました。そして泣きました・・・
読んでから数日たっても、まだあの感銘というのは心にあって、夜中に目が覚めたときとか、
ラコさんやクジィさんのことを考えたりしてしまう。
いやなきもちじゃ全然なくて、むしろ切なさとか、今自分が生きている意味とか、それをじっくりと考える、という感じ。

私もね。ホエルのくだりで、「あっこれはおそらく震災のことがベースにあるんだろう」と漠然と感じていました。やっぱりそうだったんだね。
あと、ラコさんが感じていたことは、震災で大事な人たちをなくした遺族の方たちの気持ちがベースになっているんだろうなとも思った。
なるほど、いがらしさんが東北出身なんだね。
腑に落ちた。
そういう目で見たら、ますます深みを感じるね。
ほんと、あの本は、漫画の域を超えていて、
骨太の小説を一本読んだくらいの読了感がありました。

あの大震災の混乱の中で、薄情とか、自分を嫌悪する気持ちは持たなくていいんだよ。
私だって、そーさんのことを守るのに必死で、
自分たちのことだけでいっぱいいっぱいだった。
だから現地で困っている人に何もできない無力感でいっぱいだったし。
あの震災の瞬間一緒にいた友達は、気仙沼にご両親もいて、しばらくまったく連絡がつかず(のちに無事に高台に避難していたことはわかったのですが)ありきたりの励ましの言葉など、とても言える状況でもなかったよ。

みんなそれぞれ、いっぱいいっぱいだったよ。

災害とか、人の運命とか、寿命とか、
世の中には自分だけの力やがんばりで
どうやっても回避できないことって、
あるんだなあと思うよ。
【2016/10/31 21:06】 URL | にわとりおかん #QVmBk27Y[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://niwatoriokan.blog97.fc2.com/tb.php/3416-306291dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

にわとりおかん

Author:にわとりおかん
12歳の息子をもつ、
ちょっとぬかっとる「おかん」です。
子育ての傍ら、アート活動しとります。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

 
親子で工作!No.01プラバン工作キット

親子で工作!No.01プラバン工作キット

価格:450円(税込)

 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
933位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
87位
アクセスランキングを見る>>