にわとりおかんの極上日和        
ダンシとは宇宙人なり!サイエンスマニアの親子日記☆
美しい三線が届きました!


昨日の続きです。

はやる気持ちを抑えながら箱を開けると、
中からはなんとも美しい三線(サンシン)が出てきました!

めっちゃきれい!

地唄三味線とはちがって、装飾もきれいだねえー!
さすが琉球楽器☆

バチで弾く三味線とはちがって、
三線は爪を装着して弾きます。


いいねえ!!!
きれいな仕上がりだ!

三味線の世界でもそうなのですが、
材質などによって本当に値段はピンキリ。
そーさんが自腹で購入した今回の三線は、
初心者向けのものなので
びっくりするほど高価というものではありません。

(といっても、お年玉をほぼ全額投入しました。
ゲームを持っている子だったら、
ゲームソフトが、正規の値段で
2~3個くらい買えるかな?という値段)

初心者向けとはいえ、
とてもきれいなもので大満足!



愛が深まって、
名前もつきましたよ☆

「ちゅら海ハイサイ号」。

うん、いい名前だね!



爪は、

「ティンクのミコト」。

ティンクは、沖縄では三線の音を表す擬声語です。

音楽の神様みたいで、これもまたいい名前。



桐谷健太さんの「海の声」の楽譜も
同梱されているので、さっそく練習してみます。



あっそーさん、
三味線とはちがうかもだけど、
竿が下がってる。

もう少し上げたほうが弾きやすいと思うよ。



本体が体の片方に引き寄せられてるね。
体と平行にしてごらん。



あとは、いろんな楽器に共通すると思うけど。
体に力を入れない。
りらーっくすりらーっくすして、ぶーらぶら。力抜く。

体全体を音楽に向けて開いておいて、
力を入れるのは、指先だけ。



でも、三線の弾き方としてそれでいいのかどうか
ちょっとチェックしてみて。
ちがってたらごめん。

といって調べてもらうと、
さすが三味線のルーツである三線。
三味線の姿勢など、まったく同じでした。

たぶん つま弾く場所が違うだけなのかなー。



やっぱいいねえ。

ピアノも含めて、
弦楽器、大好き。



えっ・・・・そ、そう?



若かりし頃
自分がオモシロそうだと思って飛びついたことが
何十年もたってから
こどもに役立つって、
なんだかすごく感慨深い。

すごくうれしい~☆

そのときは、目の前のことがどんな風に役立つかなんて
分からないんだけど、
役立つときもくるんだなあー。

人生で経験することって、

ムダがないんだなあ・・・


明日もう一日だけ、三線ネタ続きます!
よろしくおつきあいください!


おもしろかったらぽちっとね

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
【2017/01/20 00:00】 | アート | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<楽器とは、音と振動の科学なり! | ホーム | お年玉の行く末>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://niwatoriokan.blog97.fc2.com/tb.php/3504-570d2a25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

にわとりおかん

Author:にわとりおかん
13歳の息子をもつ、
ちょっとぬかっとる「おかん」です。
子育ての傍ら、科学の種まきの草の根運動やらアート活動やらをしとります。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

 
親子で工作!No.01プラバン工作キット

親子で工作!No.01プラバン工作キット

価格:450円(税込)

 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
738位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
69位
アクセスランキングを見る>>