にわとりおかんの極上日和        
ダンシとは宇宙人なり!サイエンスマニアの親子日記☆
卒業式 その一


卒業式当日!

そーさんたちは、いつもよりだいぶ遅い登校。

学級部さんたちは早く行って準備なのですが
(お疲れ様です)
それ以外は時間が親と同じくらいのタイミング。
親子登校している方が多かったです。

一緒に登校した記憶があんまりないんだよね。

なんか、新鮮ー。


そーさんは六年生の教室へ。
私たちは保護者控室となる二年生の教室へ。

体育館の入場は別々になるのです。

保護者の控室の前には、
子どもたち一人一人が親あてに書いた
手紙が並べてあって。
自分の子どもからの手紙を受け取る事になって
いました。

うわあああ ステキなはからい!!!

一生の記念だね!
そーさんからの手紙をしっかりと受け取ります。



9時から、先生方が作ってくださった
思い出のスライドショーを二種類見せていただけました。

私もそうだけど、
このビデオ自体をビデオに撮ってる方が
たくさんおられました。

もーなんかね。すべてが愛しいの。
残しておきたいの。
その気持ちは、みんな同じだと思う。



お友達の隣の席だったので、
ビデオですでに涙腺ヤバいんだけど、
と弱音を吐いてみる(笑)



その後、先生が教室に入ってこられて、
学級部から記念品やお花の贈呈がありました。
先生からの言葉は、心に染み入る言葉ばっかりで。

みんな、すでにしゅんしゅん鼻声。

あああ 泣いちゃうよ~先生~



参観日のエピソードなんかでも
描いてきたけれど。
嬉しい涙いっぱい、そのあと笑いの涙いっぱい。
それがこのクラスの強みでした。

先生、本当に一年間、
ご指導ありがとうございました。

私はこのクラス、そして先生を誇りに思います。
先生のもとで、卒業できることが
最高にうれしいです。



その後、体育館移動前。
トイレ休憩や、廊下に整列する間の時間に、

本当に、本当にたくさんの方から、謝辞を述べることへの
応援の言葉をいただきました!!!

ありがとう!!!!
がんばるね!!!!



保護者は、卒業生よりも先に体育館に入り、
着席します。

謝辞担当の私と、学級部のみなさんは
最前列に座ることになっています。
証書授与の場所や、こどもたちが丸見え。

謝辞自体は重責ですが、役得!!!!!

私たちのこども時代は、舞台にあがって
もらっておりてくる、という感じだったのですが。
そーさんたちは、体育館の真ん中に
授与場所があります。
授与場所を挟んで、保護者とこどもたちが
対面で座るというもの。

これだと、こどもが近くて見やすいし、
こちらを向いて受け取るので顔が見えていいね☆



そーさんに前日聞いてびっくりしたんですが。

証書、紙を筒に入れるタイプじゃなかった!!!

立派な、書籍(冊子)タイプのものでした!

すごい、153人分積んである。



音楽とともに、卒業生が入場してきます。
これも、一クラスが一列で整然と入ってくるのではなく。
クラスの座席両側から一人ずつ、かなり感覚を空けて
入ってきます。

写真が撮りやすい!

一クラス、四列で座っていきます。
これが、四クラス分ありますよ。
右側に座っているのは、在校生の五年生。

長くなったので、明日に続きます!!


おもしろかったらぽちっとね

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

【2017/03/17 00:00】 | 子育て マンガ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<卒業式 その二 | ホーム | 卒業式前日! リハーサル!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://niwatoriokan.blog97.fc2.com/tb.php/3571-a7682188
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

にわとりおかん

Author:にわとりおかん
12歳の息子をもつ、
ちょっとぬかっとる「おかん」です。
子育ての傍ら、アート活動しとります。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

 
親子で工作!No.01プラバン工作キット

親子で工作!No.01プラバン工作キット

価格:450円(税込)

 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
633位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
59位
アクセスランキングを見る>>