にわとりおかんの極上日和        
ダンシとは宇宙人なり!サイエンスマニアの親子日記☆
コケと同じ環境で生きている動物の名前・・・それは?!


ゴールデンウィークは、サイピアはイベント目白押しで
みんなを待っています!

てなわけで、出勤だよ。

みんなの笑顔のために、がんばるのだ!


とにかく押し寄せる大勢のお客さんたちを
お迎えするので。
プラネタリウムの受け付けや、サイエンスブースやショーなど、
いくら手があっても足りないほど。

この日は私はサイエンス・ブース「コケってなあに?」の
受付担当で座っておりました。



このコケブースを担当するのは、
西平直美さんというコケの先生。

大型イベントのときに、
よくコケのブースを出してくださいます。
以前、「サイエンスカフェ コケを語る」というイベントも
開催しているよ!

とても物腰やわらかで、大好きな先生なのです。

片づけを含めて所要時間50分。
先生と一緒に、じっくりと、たくさんのコケを
顕微鏡で見ていきます。

小さな子たちも、興味津々、
かぶりつきで顕微鏡をのぞいていました!



各回、参加者がそろうとガラス戸を閉めて開始。

私は外で受付対応なのですが、

あれ?中から先生が私に
何かを伝えたくて
アイコンタクトしているぞ。

なんだろう?

くちびるの動きは 「 ク マ ム シ 」・・・・



ええええええ!!!

クマムシ?!


あっ!!
顕微鏡の画像をモニターで見えるように
してあるのですが、

そこにはクマムシの姿が!!!!



休憩時間になったとき、
はやる気持ちを抑えつつ先生のところへ!!!

先生、クマムシ まだ見れる!??!

見たいです!!!!!

動いてはなかったけど、
それはまごうかたなき、クマムシの姿!

本やネットでしか見たことがなかった、
大好きなクマムシの姿!

うわあああ~今この
プレパラートの上にいるんだなあ!



ギンゴケが生息する環境と似た環境で
活動するんだって。

だから、ギンゴケが体を小さく閉じているときは、
クマムシも樽になって過眠状態らしいです。

共生というか、同じ環境下を生きる仲間、みたいな
もんなんだね。

動かないクマムシを見れただけでも
大興奮だったのですがー



なんと!!!

そのあと 動いているクマムシを発見したようです!



ワタクシは モーレツに 感動している

あこがれのクマムシが、
今目の前で、
あの大きな足をもぞもぞと動かしている!

爪の先まで、ものすごくよく見えているので

テンションアゲアゲアガリまくり!でした☆

本来は透明ですが、
食べたものが透けて見えるので
色がついて見えるそうです☆



このブログ内を「クマムシ」で検索しただけでも
こんなにあるね。↓
長沼先生講演会
科学未来館のクマムシたち
クマムシについて☆
かはくのお土産ショップのクマムシ☆

クマムシ、だーい好き。



先生!
私もすごくそう思うの!

生き物をテーマにしたイベントは、
実はすごくこどもたちに必要で大切なイベントなんだと
思うんです。

お勉強ばっかりして、
頭でっかちにならないように。
五感を使って、いのちを感じるってことも
体験してほしい。



私も、毎年恒例の「ダンゴムシと遊ぼう!」以外にも
生き物ネタを増やしていきたいところなんだけどな。

実現できていないなあ。
でも、増やしていきたいな。

ちなみに、今年もやるよ。ダンゴムシ♪♪



この日は、生きたクマムシの姿を見れて、
もうそれだけで大満足の一日。

ほかほかした気持ちで、帰路につきます。

さあ、翌日は、私担当のサイエンスショー!!!
がんばらなくちゃね☆

明日に続きます!


おもしろかったらぽちっとね

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
【2017/05/06 00:00】 | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<お菓子の科学 ~台所は実験室~  | ホーム | 連休の谷間は平日。>>
コメント
おかんさん

実は子供のころから動植物に殆ど興味が無かったんです。なので、今になって家内や子供達から「これ何の花か知ってる?知らないよね~」と弄られまくりだったりします。

私は子供お頃から、ひたすら理化学系のみに興味を持っていました。

東京オリンピックの時、1964年なのでまだ小学校に入る前ですが、関西に居てTVで閉会式を見ていたら、自分の居る関西はまだ明るいのにTVの映像は既に暗いというのをとても不思議に感じて、地球が自転していることは知っていたので、地球は西から東に回っていることで納得したことがあります。

小学校では、洗剤が何故汚れを落とすのかがとても気になって、あれこれ勝手に考えていてほぼ正解にたどり着きました(6年生の授業参観で、私の発表を聞いて母が冷や汗をかいたと今でも言いますが、ほぼ正解だったわけです)。

中学では水が凍ると何故体積が増えるのかが気になって、本を読みまくって、水分子の構造が原因だと知って猛烈に感動しました。水への興味から化学への興味を持ったきっかけでした(前に申し上げた通りに...)。

高校では、光を閉じ込めてエネルギーを貯める方法があるに違いないと考えて、半年くらいその方法を考え続けたことがあります。物理で習った波の公式や幾何光学などで悩みまくりました。

空が青いのはレーリー散乱で、雲が白いのはミー散乱だということを知って感動したのも高校の時です。

何故、なぜ、どうして?...と先生や本に書いてあることが鵜呑みにできずに、常に突っ込みを入れまくりだったので、頭でっかちというよりは面倒な子供だったと思います。

動植物に興味がなかったのは、疑問の答えを得るにしても複雑過ぎて、、難しすぎるからだったんです。だから名前すらも覚えないという...まぁ極端な子供でした。原理原則が絶対にあるに違いなくて、そこから説明できないと気が済まない気質だったので、生物は難しすぎますよね。

理化学系に興味を持つ子供も、何故、なぜ、どうして、おかしくないか?、どこまでが簡単にするための嘘で、どこまでが本当なの?と疑問を持たせ続けることが、大人の仕事だと思わずにいられません。

おかんさんは、物理系の専門なのに動植物にも興味があるので、なんてバランスの良い知識欲だろうと、改めて感心したので(上から目線ではございません)、コメントしました。

【2017/05/06 18:03】 URL | やす #XSag7DMU[ 編集]
わーい クマムシネタにもコメントありがとうございます!

やすさんの大人になるまでのこども時代は、
本当に素晴らしいですね。好奇心の塊です!
頭でっかちな子ではなく、面倒な子でもなく、
好奇心に満ち溢れた楽しい子ではないですか!

私が「頭でっかち」と書いたのは、
自分で考えることをせず、ただ教えられた通りに
疑問も持たずに進もうとしている子のことなんです(^-^)
時代とともに、こういう子がとても多くなってきています。

これは、昨今の大人の、子どもに対する
【失敗しないように用意周到にしておく】
【先に答えを与えすぎてしまう】
という態度の弊害だと思います。

そこからはみ出し、自分の好奇心で突き進むくらいの子が多くならないと、未来は暗いです(^▽^)
サイピアに来る子は、みんなもっとはみ出してほしいなあって思います。

私もそーさんも虫や動物、植物もそうですけど、
とにかく生き物が大好きなんです。
以前も鳥羽水族館の記事で書いたのですが、
私は生まれ変わったら絶対に
ロボット工学か海洋生物を専攻したいです。
そのときは、
「じゃあ両方やれるように、
深海探査船を設計して、ロボットアームとかつけちゃって、
それで自分も海洋研究したい!」
と思っていたのですが。

最近は生き物のほうにシフトしていますね(笑)

海洋生物が大好きですが、それに限らず
陸上生物も、極限環境の生物たちも、みんな大好きです。オモシロくて、かわいくて、いとおしくて、萌え萌えです!

生物は確かに研究結果が出る時間スパンが長いですよね~。
別の命、生態を持ったものだから、正確にとらえるのも難しい。
でも、生態も、進化の仕方も、その生物にあった合理的な理由があるという点がとても興味深いんです。
環境に適応していくのが、何世代にもわたってのこともありますし。遺伝子が変化していくというのが不思議でたまりません。

古代の生き物たちが、劇的な進化をとげなければ今のわたしもないワケですもんね。
(母乳の発生とか、胎盤の発生とか・・・)

数式で答えが出るものではないけれど、ちゃんとした理由がある。
だから生物学に興味がつきないんだと思います。

バランスのよい知識欲、すてきなおほめ言葉をいただいて恐縮です!
はたからみたら
「どっちつかずの科学マニア」なんでしょうけれど(笑)

そう言っていただけると、とっても嬉しいですー!
【2017/05/06 21:18】 URL | にわとりおかん #QVmBk27Y[ 編集]
おかんさん

枠に縛られるのが嫌いで、子供のころからはみ出し続け、今も結構はみ出しっぱなしだと、家内にいつも言われてます。

人と同じ事をするのがつまらなことのように、今でも変わらず思ってたりするんです。

家内は、結婚したとき驚いて、驚きの連続で、今はどういう感じではみ出すのか楽しみに思えると、慣れてくれました。

この歳まで自分の好きな生き方が許されてきたのは、周囲の理解と協力のおかげだと思いますが、普通は、はみ出すと理解されずに生きにくいですよね。

母と家内、そして職場の皆に感謝するほかありません。

そーさんも素敵で、一緒に考え行動してくれるお母様に見守られているから、思う存分はみ出して欲しいな、と思います。
【2017/05/07 00:42】 URL | やす #XSag7DMU[ 編集]
やすさん

コメントありがとうございます!
今でもかなりはみ出しっぱなしなんですね!(^▽^)
いいじゃないですか!
ステキな人生です!

わたしも人と同じことをすることに
面白みや安心感を感じないタイプの人間です。
「えーもっとこうしたらオモシロいのにー」という
モヤモヤを抱えて生きてきた部類です(笑)
変人よばわりをされ続けてきましたけど、
人と違うことをする際のドキドキワクワクとか、
そうしたことでえられる感動や、心の彩りは
また格別なんだろうとも思います。

ま、変人だから、あの大学の気風が
大変自分にあっていたワケなんですけれどもね♪(^▽^)

こどもたちには、もっとどんどんはみ出してほしいですね。周りがそれを止め過ぎず、ふんわり大きく受け止めることができれば、必ずその子の
自尊感情は育ち、才能が開花すると思います。

私の子育てをおほめくださって、
本当にいつも嬉しく恐縮しきりなのですが、
うちの場合は反面教師で
そーさんが有能秘書みたいになっています(笑)
もっとはみ出してほしい!

ダジャレの才能ははみ出しまくりですけどね!(≧▽≦)

あたたかいお言葉、ありがとうございまーす!

【2017/05/07 10:27】 URL | にわとりおかん #QVmBk27Y[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://niwatoriokan.blog97.fc2.com/tb.php/3620-3eec91ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

にわとりおかん

Author:にわとりおかん
12歳の息子をもつ、
ちょっとぬかっとる「おかん」です。
子育ての傍ら、アート活動しとります。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

 
親子で工作!No.01プラバン工作キット

親子で工作!No.01プラバン工作キット

価格:450円(税込)

 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
748位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
81位
アクセスランキングを見る>>