にわとりおかんの極上日和        
ダンシとは宇宙人なり!サイエンスマニアの親子日記☆
HUG ジュニ EXPO 当日の様子☆


さて、9時ごろには会場入りできて、
ブース準備。

昨日のブログにかいた、
サーキュレーター3台も無事設置。

結構音が出ちゃうので、
メインステージの邪魔にならないように
舞台を使う時間帯の合間にホバリングコケコプターを
体験できるようにしました。

これで今年怒られなかったので、おそらくこのネタは
来年もできそうかも?!


ハグジュニ EXPO はこんな感じのイベントです。

いつものハグハグは未就学児の子向けの
親子情報誌なのですが、

ハグジュニは中学受験・高校受験を見据えた
もう少し大きな子向けの情報誌です。
(いつものハグハグとは別冊子になります)

県内の有名私立学校や、県立学校などの
説明ブース、舞台を使った紹介やパフォーマンス、
パネル展示などがあります。

その中で、「お勉強だけじゃない」体験ブースエリアとして
サイピアも出展させていただいているのです。
ハグハグさん、いつもなぜなぜでは
大変お世話になっております(業務連絡)



去年は科学講師の都合がつかなくて
出展を辞退させていただきましたが、
その前の年は科学講師4人で参戦。

おととし(第一回目のハグジュニ)の出展の様子はここ

そのときは、あえてコケコプターをやらなかったん
だけど。
今回はこうやって、ホバリングまでできるように
しましたー☆

ホールは天井が高いので、体育館でやるのと同様
すっごい高くまで上がります!
みんな、歓声をあげて天井を見上げるよー☆

サーキュレーター持ってってよかったな。
コケコプター、大人気!



おうさまの新ネタ、
「しんどうプロペラ」体験コーナーもあるよ☆

急きょ描いた絵なので雑だった・・・

ちゃんと事前に描いてラミネートしてくれば
よかったなー。



この日一日は、私たちはサイピアの
宣伝部隊。

チラシを各種、いっぱいもってったよ。



コケコプターやしんどうプロペラで手一杯に
なってしまったとき
自由に体験するものがあったほうがいいかな、と。

磁石ネタを持ってきておきました。

磁力線を三次元でとらえるアイテム、
磁石の向きと力について考える体験、
マグネットシートの秘密、などなど。



私は基本的に

「普段目に見えないものが
 見えるように視覚化されているもの」

ってのが大好きで、萌えるのです(笑)

で、磁力線もそうなんだよねー。
見えないけど、力がある。
それが見えるってのがいい。

砂鉄とか、使い捨てカイロの中身でもいいんだけど。

モールを使うと、いろとりどりだし。
簡単に三次元かできて、オモシロい。

三次元したものでも、
それ同士が仲良しで手をつなぐときもあるし。
仲が悪くてそっぽを向くこともある。

それを、手に伝わる磁石の引き合う感じや
反発力と同時に、
五感で感じてほしいなあ☆



実はこの磁石のネタは、
ハグジュニ出展のために
整えたもの。

なぜなぜでも、
以前までやっていた磁石のネタを
パワーアップしたいので、そのときに
使えないだろうかと思っていたネタなんですが。

それを、ハグジュニ会場で
こどもの反応リサーチもしちゃえ!

ともってきたものなんです☆



みんな、けっこーはまって
いじくりたおしてくれました!やったね!

はまる子は、長い時間磁石を動かして
モールが動く様子をながめたり、
磁石の数を変えたりして、
飽きずに楽しそうに体験していました。

いい感じ!



私としては、前回参加したときの年齢層からいって、
よい感触を得られるんじゃないかと。

そういうある一定の勝算を持っていたわけなのですが。

それが確信に変わったので、とっても嬉しかったです。

目の前でこどもたちが
目を輝かせて楽しそうに磁石で遊ぶ姿は。
小学校一年生にあがったばかりの私が、
雑誌の付録についていた
磁石セットでハートを射抜かれた、あの姿と似ています☆

覚えのある感動、楽しさだから♪♪



で、楽しそうにしてた男の子に、
ちょっと声をかけて。

もう一つ、手品のような遊びを見てもらいました。

なぜなぜでネタばれしちゃうので
伏せさせてもらうけれど、
とっても簡単な実験です。



ネタを披露すると。

男の子は、息を飲んで驚きました!



心から驚いたその様子。

科学スイッチ、押せたのかもしれない!

よぉーし、リサーチ大成功!
これ、なぜなぜのみんなにも教えよう!!!

なぜなぜのメンバーのみんな、
磁石ネタが登場するときまで、
待っててねー!



このイベントは、確か集客目安が3000人。

入れ替わりたちかわり、お客さんがいっぱい。
人の流れは切れないので、
おうさまと、交代でお昼を手早くすませます。

マルゴカフェでサンドイッチセット。

いつもサイピアだと家からお弁当をもっていってるので、
こういうイベントのときは目先が変わって
ちょっと楽しい。
そういえば、一回目に出展したときは
ベトナムフォー食べたなあ(笑)
(↑さっきあったリンク先を参照)



このイベントは、なかなかの長丁場。

これでも一回目よりも時間が減ったんですー。
一回目は18時までやったのよねー。
17時までやったら、おうさまも私もへとへと。

さあ、片づけて撤収だあ!

おうさま、一緒に参加してくださってありがとうございます。
荷物のことや、車での同乗もありがとうございます☆
お疲れさまでした!大変助かりました!



おうさまが、朝の待ち合わせ場所まで
私を送り届けてくれたので、
予定よりかなり早くおうちに戻れました!!!

そーさん、ただいまー!!!

ほら、おいしそうなお弁当買ってきたよー。
食べよう!

一年に一回の、ハグジュニイベント、無事終了です!


おもしろかったらぽちっとね

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

【2017/06/13 00:00】 | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<夏休み旅行の計画! | ホーム | HUG Jr.EXPO への出展準備>>
コメント
おかんさん

以前、手作りの実験装置を作った時に、シート磁石を利用したことがあります。

シート磁石はSとNが交互に着磁されているので、2枚の短冊状のシートを重ねてくっついた状態で、互いに逆方向に引っ張ると振動します。この理屈を使ってスペースの余裕の無いところに加振機を作り付けたことがあります。

最終的には、円周方向にSとNが交互に着磁した円盤状のシートを2枚使って、下のシートを回転させる機構にしました。レコードプレーヤーのターンテーブルみたいなベルトドライブにして薄い空間に機構を押し込めました。回転数を変えれば振動の激しさ(周波数)を変えられるのは便利でした。

この機構は、化学反応を自動的に進める実験装置で、溶液同士を短時間で混合するために考えたんです。

この機構については特許を申請したのですが、特許部署が審査請求時に、たぶん落とした(100万円くらい払って権利するのは勿体ないという判断)と思います。

ふと、こんなことを思い出しました。
【2017/06/13 13:06】 URL | やす(Krtyski) #XSag7DMU[ 編集]
やすさん

コメントありがとうございます!マグネットシートの特性を使った実験装置、おもしろいですね!
大変興味深いです。
マグネットシートの構造を知ったのが最近でして、「へえー!そんな風にできてるんだ!」と目から鱗でした。
そこからの実験装置づくり、楽しそう!
ひらめきですねー!
特許、もったいない~(^^;;;;

磁石は、不思議なものですよねー。
なのに、本当にあちこちにあって
科学アイテムとしては最強の部類の一つですね。

私はサイピアに来て初めて使った道具
(スターラーっていうんでしたっけ?
熱を加えてかくはんする道具)も、
磁石でかきまわしているんですね!
目から鱗です。

材料工学、物性科学というのは、
実験屋にとってはたまらなく興味深い分野ですねー!
【2017/06/13 20:43】 URL | にわとりおかん #QVmBk27Y[ 編集]
おかんさん

はい、材料工学、広くいって化学は、実験をして始めて楽しくなるものだと思います。

そーさんの美術部のお話とも繋がりますが、大学の必修科目の1つに図学がありました。美術とはちょっと違いますが、絵の描き方を習う科目です。

何故有機化学が専攻なのに図学なのか?先生に聞きました。

分子構造を3次元に見えるように描く能力は、それを頭の中で思い描くために絶対必要な能力で、例えばDNAを3次元に見えるように描けないとダメなんだよ....

ということでした。

さらに脱線すると、有機化学専攻なのに電磁気学が必修でしたので、これも質問したら「量子化学」、そしてその基本になる量子力学の基礎を理解するために、電磁気学は絶対に必要になるから...

という答えでした。

私が習った量子力学は、物理の人は今では使わないような古いもの(粒子の量子論)なんですが、分子を理解するには十分なんです。

物理の人は、なんでも場の量子論を使うんだというのは、卒業後かなりたってから知りました。

なんでも、基礎が大切なんだということですよね!
【2017/06/15 13:08】 URL | やす(Krtyski) #XSag7DMU[ 編集]
やすさん

コメントありがとうございます!
材料工学、化学は、量子の振る舞いが視覚化・具現化するという点でオモシロいですよねー。現象として、あらわれてくるという。科学の面白さとしては、最先端の宇宙物理にも負けず劣らずのオモシロさだと思います。
理論屋か、実験屋かで、興味の対象は変わると思いますけれども(^-^)

化学系の人に図をうまくかくセンスが必要、というのは私もよく耳にしました。分子構造をちゃんとわかるように描ける能力がいる、という。それを聞いたとき、「なるほどー!それはそうかも!」と納得した覚えがあります。

まったく関係のないようなことが、実はいろんなことにつながっているんですよね。だから、広い知識と好奇心は必要だし、全方向にアンテナをはっておくことも必要ですよね。
いつどんないいヒントを探知するかわかりませんもんね~。

宝くじとか、ひらめきとおんなじですね
宝くじは待ってるだけじゃだめで、買わないとあたらない。

ひらめき(セレンディピティ)も、
ただ待ってるだけじゃだめで、
無意識な集めた雑多な情報があるところで
結びついてひらめくもんですもんね!(^-^)
【2017/06/15 23:46】 URL | にわとりおかん #QVmBk27Y[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://niwatoriokan.blog97.fc2.com/tb.php/3662-17bac870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

にわとりおかん

Author:にわとりおかん
13歳の息子をもつ、
ちょっとぬかっとる「おかん」です。
子育ての傍ら、科学の種まきの草の根運動やらアート活動やらをしとります。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

 
親子で工作!No.01プラバン工作キット

親子で工作!No.01プラバン工作キット

価格:450円(税込)

 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
640位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
60位
アクセスランキングを見る>>