にわとりおかんの極上日和        
ダンシとは宇宙人なり!サイエンスマニアの親子日記☆
かなかなぶんぶん、かなぶんぶん


夏は虫たちが輝く季節!

・・・ということは、生と死も入り乱れる
季節です・・・

カナブンが、階段の踊り場で
お亡くなりになっていました。
こんなところじゃかわいそう。
あとで、土のあるところに埋めてやろう。


そーさーんただいまー

ちょっとカナブンを埋めてく・・・・



えっ

生きてたんだ!


危ない危ない殺生するところだったよ(滝汗)



羽が傷ついちゃったのか、
どうやらちゃんと体勢を整えてやっても
すぐひっくり返ってしまう模様。



たとえ飛べなくても、こんなコンクリートの
上じゃなくて、
せめて土とか水とか葉っぱのあるところだったら
生き延びるかも。

連れて行こう。



いったん階下までおりて、置いてみたら。
ちゃんとした体勢でじっとすることが
できたので。

これは、生き延びる可能性も増したかも。

あ、いい枝があった。
これで・・・



この枝につかまらせて連れて行こうっと。

と、思ったら、そーさんが不思議がりました。
枝を使うの?



手でつかんで、指につかまらせたらいいのにー
と思ったみたい。

手の上にのせただけじゃ、平らじゃないから
ころんとまた転ぶかもしれないし。
指につかませると、あれなんですよ。



この手の虫たち(カブトムシとか、カナブンとか)は、
指に捕まらせると、ものすごいがっつり
しがみつくので。
今度は、手からはなして土の上に置くのが一苦労に
なっちゃうのよ。
そんとき、体が傷ついたらかわいそうだから。

枝だったら、枝ごとおいちゃえばいいわけで。

しかし、母の話を「またまたー」なんて
本気にしないそーさん。



自分の指に、カナブンをつかまらせました。



かわいいー



母の言葉が

本当だったことを

ここで知る息子。


ね。言ったでしょ。
まあ、これも経験。



ああ、かわいい。

かなかなぶんぶん、かなぶんぶん。



ここであったのも何かの縁。

できるだけ長く、
生き延びるといいね。

虫との交流が楽しい、
夏なのでした!

おもしろかったらぽちっとね

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

【2017/07/09 00:00】 | 虫取り | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<東急ハンズでの出会い、前編☆ | ホーム | なぜなぜ広場の変化と、成長、そしてお別れ。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://niwatoriokan.blog97.fc2.com/tb.php/3689-ab7d1e4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

にわとりおかん

Author:にわとりおかん
12歳の息子をもつ、
ちょっとぬかっとる「おかん」です。
子育ての傍ら、アート活動しとります。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

 
親子で工作!No.01プラバン工作キット

親子で工作!No.01プラバン工作キット

価格:450円(税込)

 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
748位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
71位
アクセスランキングを見る>>