にわとりおかんの極上日和        
ダンシとは宇宙人なり!サイエンスマニアの親子日記☆
遅れる羽化


あとの3匹のアゲハの幼虫はみんなサナギになり。

あとは羽化を待つばかり。

ところが、想定した期間よりも長くサナギのままでいます。
不安・・・


サナギになったはいいけど、
何らかの理由で羽化できないんだろうか?
もう死んでしまってる?

外からは変な様子はないけれど・・・

とやきもきする毎日。



それでも羽化を待っていますと―

ん?

虫ケースの中に異変が!



なぜか

虫ケースの中に大きな虫が飛んでる!!!

フタしてたはずなのに、
どっから入った?!

これって・・・なんかのハチなのかな?!



うんうん!
寄生バチだったら、
サナギのクロサワに卵を産み付けられたら
大変!

あわててハチを外に出します。



あーびっくりした。
お尻に針があるのかないのかわからないような
ちょっと形のかわいいハチ。
橙色と黒色が特徴的なハチでした。

名前わからないな。
あとで昆虫図鑑で調べてみるかしら。



入るはずないのになあー

クロサワ、大丈夫だった?

と、虫ケースの中をのぞき込むと・・・



衝撃の事実!



サナギに穴が開いています!

ここからさっきの子が出てきたんだ!!!



さっきの子は「アゲハヒメバチ」。
アゲハの幼虫に卵を産み付け、サナギになっている間に
体をのっとる寄生バチだったのです!!!



サナギになったときはクロサワだったけど。

私達が待ってる間はクロサワじゃなくなって
いたんだね・・・



ものすごく複雑な気持ちが悶々としています。

そうだよな・・・飛んで行ったあの子は、
「クロサワだった子」なんだしなあ・・・



ヒメバチを憎む気持ちも沸いてこない。

ヒメバチはヒメバチで、一生懸命生きているし。
でも、クロサワには羽化してほしかったし。



残る二匹も、やはり
ヒメバチになってしまいました・・・



こんなにいっぺんにたくさんのアゲハの幼虫を
育てたことがなかったのですが。
こうしてみると、ちゃんとサナギになって、
さらに羽化していける子たちは
本当に限られた子たちなのですね・・・

生きるって、大変だ・・・・



そーさんも、羽化の神秘に感動しまくり。
寄生バチのことも含めて、オドロキの連続だったようです。

来年も、お世話してあげたいね!

よかったらぽちっとね

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
【2019/08/01 00:00】 | 虫取り | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<イオン岡山センターコートでの初のサイエンスショー! | ホーム | たたかい>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://niwatoriokan.blog97.fc2.com/tb.php/4481-b1a22893
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

にわとりおかん

Author:にわとりおかん
19歳の息子をもつ、「おかん」です。
子育ての傍ら、科学の種まきの草の根運動やらアート活動やらをしとります。
科学講師として出没したりします。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

 
親子で工作!No.01プラバン工作キット

親子で工作!No.01プラバン工作キット

価格:450円(税込)

 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
692位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
75位
アクセスランキングを見る>>