にわとりおかんの極上日和        
ダンシとは宇宙人なり!サイエンスマニアの親子日記☆
高校でも続けたいもの


受験生になると、どうしても
「高校生になってからの生活」に考えが及びます。

高校生になったら、あんな感じで、
こんな感じで・・・

と、いろんなことを考えるようになります。


ある日、そーさん宣言が飛び出しました。



今までは、ジャンルを問わずに
弾きたい曲を弾いてきたけれど。

今度は、クラシックのほうも
やってみたいとのこと。



この宣言は、私にとって、
大変大変うれしいものでした!

とってもいいよ!

続けたいと思う限り、続けてほしい!



せっかくなので、自分の口で
伝えるとのこと。



後日、先生からメールがありまして、
とても喜んでおられました☆

その様子に、私もまた嬉しくなったり☆



私は、ピアノがつまらなくなって
やめちゃったくちなので。

そーさんが続けられるなら、
すごくいいと思うし、うらやましいなあと思います。



元々私も小さなころからやっていて、
ピアノは大好きだったんですよね。

最初にピアノを習った先生がとてもよい指導で、
いまだに交流はあるのですが、
本当にピアノが楽しかったです。

その後、転勤で行った先々で先生について
ピアノを習っていましたが、
高校のときー



曲のセンスが先生と合わない(汗)

これはゆゆしき問題です。

先生からの曲の提示は、
スキルを身に着けるためにも必要だと思いますが、
それにしても、スキル向上を横においておいても、
曲調がどれもこれも甘ーい感じのものばかり・・・・

ううう

こういうのばっかりじゃ飽きるよぅ



しかもですね、この時の先生は、
ひたすら私をピアノの部屋で弾かせっぱなしで、
部屋を出てちっとも帰ってこないのですよ。

確かに、
先生にもおうちの中でいろいろ用事があると思います。
でも、
「ちょっと待ってて、そのまま弾いておいてね!すぐ戻る!」
と用事を済ませてくる・・・というレベルではないのです。

音大を目指す生徒がひたすらひいて、
それを先生が研ぎ澄まされた耳で聞き続ける・・・
という訳でもないわけなので(汗)



まあ、ぼんやりと生きていたこどもでも、
「さすがにこれは違うだろう」と
気付くわけですね。

指導がない以上、
家で一人で練習するのと変わらないし、
月謝はどこへ消える、みたいな感じですよね。



そんなわけで、
急激にピアノがつまらなくなったんです。

正確にいうと、ピアノのレッスンが
劇的につまらない。

なので、高2のときにやめました。



でもいいの。
日常に楽しむ程度にはスキルがついていたので、

私はこれで十分!



だから、私と同じくらいの時期の
「まだやりたい!続けたい!」というそーさんの言葉が、
とってもとってもとっても嬉しかったです。

素晴らしい先生との出会いが、
いかに大切か、

実感した瞬間です。



そんなわけで、
まだしばらくお世話になります!

先生、今後もよろしくお願いしますね~☆☆


よかったらぽちっとね

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
【2019/10/22 00:00】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<誕生日近づく | ホーム | 漢方道は奥深き道>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://niwatoriokan.blog97.fc2.com/tb.php/4564-94006668
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

にわとりおかん

Author:にわとりおかん
15歳の息子をもつ、「おかん」です。
子育ての傍ら、科学の種まきの草の根運動やらアート活動やらをしとります。
人と科学の未来館サイピアの科学講師。
「なぜなぜ広場」担当です。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

 
親子で工作!No.01プラバン工作キット

親子で工作!No.01プラバン工作キット

価格:450円(税込)

 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
594位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
53位
アクセスランキングを見る>>