にわとりおかんの極上日和        
ダンシとは宇宙人なり!サイエンスマニアの親子日記☆
OK 岡山芸術交流2019 そのさん!


昨日の続きです☆

岡山芸術交流の中で、そーさんが見たかったもの。
それは・・・

皮膜のプール!


昨日朝顔の事を書きましたが、
その朝顔が咲いているのが小学校のプール。

階段を登ると・・・



低学年用の浅いプールが手前にあって、
その奥に・・・おおお!あった!



ピンクの液体で満たされた、これが
「皮膜のプール(オロモム)」。

オロモムというのは、
作者がこのピンクの液体に名付けた名前です。
圧巻!

プールに、すりきりいっぱいピンクの水が
入っているんですよー。

プールからも「アフリカツメガエル(宇宙実験室)」の映像が
見えていて、不思議なコラボレーション。



すると、すさまじい音が聞こえてきます。

何の音?!?!



水面に異変。



深い渦が!!!!



なんか、定期的な渦でもないし、
場所もその都度変わるんです。

どうやってやってるのかな。渦の発生装置が
縦横のレールかなんかで動いてるのかな。
その動きは何かのアルゴリズムで
制御されてるっぽいんだけど。
判明せず(笑)



このピンクの液体「オロモム」には意味がありまして。

ヨーロッパの人の肌の色を平均化した色味に
してあるんだそうです。

ピンク色の水、という感じの質感じゃないんだよね。
なんというか、
ピンク色の水性ペンキというか、
水よりももっとドロッ、トロッとした感じの液体で。

ピンク色のリキッドファンデーションが
入っているみたいな感じです。



たまにできる渦と、
そこから発せられる音がね。
すごく有機的で、
まるでプール全体が生き物のようなのです。

つきつめれば人種差別とはなんぞや、
それに意味はあるのかないのか、という
ふかーい問題提起を投げかけてくる作品です。



この、岡山芸術交流のメイン会場
内山下小学校。

そーさん的にとてもおもしろかったらしく、
後日再トライをしました!

再トライのときは、体育館に展示してある
「ワイルドなシンセ」も堪能。
体育館全部を使って、不思議な楽器が
展示してあるんですよ。

内山下小学校、見ごたえあり!



中学生はただなので、
何度でも入れます。
これはいいよね!
とてもいい刺激になります。

チケットを購入した大人は、
各施設に入館した当日のみ再入場が許されるので、
別日は入れないのよね。
(チケットをまた購入するしかない)

なので、二度目は母は外で待ちました(笑)
でも、じっくりと時間をかけて二度目も回ってきたようで、

まさに芸術の秋!

よかったらぽちっとね

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
【2019/11/13 00:00】 | アート | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<準備 | ホーム | OK 岡山芸術交流2019 そのに!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://niwatoriokan.blog97.fc2.com/tb.php/4586-c79b8097
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

にわとりおかん

Author:にわとりおかん
15歳の息子をもつ、「おかん」です。
子育ての傍ら、科学の種まきの草の根運動やらアート活動やらをしとります。
人と科学の未来館サイピアの科学講師。
「なぜなぜ広場」担当です。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

 
親子で工作!No.01プラバン工作キット

親子で工作!No.01プラバン工作キット

価格:450円(税込)

 
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
562位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
47位
アクセスランキングを見る>>